Audi Sport Team Landが6位でフィニッシュ/46回目となる世界有数のレースは厳しいコンディションの中で開催/Bonk MotorsportがTCRクラスで表彰台を獲得

2018年5月13日 ニュルブルク/ノイブルク アン デア ドナウ(ドイツ):今回で第46回を迎えた世界有数の耐久レースニュルブルクリンク24時間レースドイツのアイフェルで開催されました。濃霧と雨による最悪のコンディションの中、Audi Sportカスタマーレーシングは、ディフェンディンチャンピオンとしてこのレースを迎えましたが、5回目の総合優勝を果たすことはできませんでした。最終的には、ケルビファン デル リンデ/シェルドン ファン デル リンデ/クリストファー ミース/ルネ ラスト組が、アウディ勢最高となる6位でチェッカーを受けました。決勝レースは、悪天候のため、終了まで残り3時間30分の時点で、1時間以上にわたって赤旗中断となる波乱の展開となりました。

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

Audi Sportカスタマーレーシング責任者のクリス ラインケは、次のようにコメントしています。「今年のレースで、Audi Sportカスタマーレーシング10周年を迎えますが、多くのモータースポーツファンの皆様の期待に応えることはできませんでした。私たちのカスタマーチームドライバーは、3つの異なるクラスで優勝を目指して懸命に準備し、レースに臨みました。そのため、今回の結果は残念でなりません。今年は、途中でレースが中断されるほど、厳しいコンディションの中で開催されました」Audi R8 LMSは、この有名な耐久レースで、これまで過去に4回も総合優勝を果たし、非常に高い能力を示しています。2018年の耐久レースシーズンは2月にオーストラリアで開幕し、アウディは初戦のバサースト12時レースで見事に優勝を飾っています。次の大会は、6月に開催されるスパ24時間レースです。

Audi Sport Team Landは、今年のニュルブルクリンクで、日曜日の朝まで表彰台をかけて戦っていました。昨年優勝したアウディドライバーの1人であるケルビファン デル リンデが、天候の悪化によりポジションを落とすまで、アストンマーティンとスリリングな3番手争いを展開していました。しかし、インターミディエイトタイヤで走行していたリンデは、高速S字区間のホーエアハトでガードレールに接触し、修理のため3周分のタイムロスを余儀なくされます。最終的にリンデは、兄弟のシェルドン、クリストファー ミース、ルネ ラストとともに、6位でフィニッシュしました。その後ろには、Audi Sport Team Phoenixクリストファー ハース/ニコ ミューラー/フランク スティプラー/フレデリック ベリビッシュ組も続きました。ニュルブルクリンク24時間レースに初参戦したAudi Sport Team BWTのクリストファー ハース/ニコ ミューラー/マルクス ヴィンケルホック/マイク ロッケンフェラー組は、12位でチェッカーを受けました。Team BWT Mücke Motorsportのマルセル フェスラー/クリスタジョンズ/ピエール カッファー/ステファン ミュッケ組は14位でした。耐久レースエキスパートチーム、Car Collection Motorsportも、悪天候による影響を受けました。アドリエン デ リーナー/サイモン トルーマー/クリストファー フリードリッヒ/ピエール カッファー組は、20位でレースを終了しました。同じチームから参戦した、ステファン アウスト/クリスチャン ボールラース/ロニー ザウレンマン/ピーター シュミット組は56位でした。2015年に優勝したAudi Sport Team WRTは、アクシデントによりリタイアとなりました。

Audi Sportのカスタマーチームは、各クラス素晴らしいパフォーマンスを展開しましたが、期待した結果を出すことはできませんでした。Audi R8 LMS GT4でSP 8クラスに参戦したTeam Phoenix Racingは、レース開始から10時間経過時点までトップを走行していました。しかし、11時間経過時点に、4人の才能ある若手ドライバーで構成されたミラノ ドンテ/シャオル フゥ/マックス ホーファー/ニコラモラー マドセン組は、パワートレイントラブルによりリタイアとなりました。激しいバトルが展開されたTCRクラスでは、Audi RS 3 LMSで参戦したTeam Prosport-Performance GmbHが、6時間経過時点までクラスリードしていました。熟練ドライバークリストファー ブロイアー/ユルゲン ネット/マルクスエストリッヒ/ケネス ベスヴォルド組は、15時間経過時点までトップの座をキープし、18時間経過時点までは2番手を走行していましたが、マシントラブルによりリタイアとなりました。一方、昨年同様、Bonk Motorsportが表彰台を獲得しました。ドイツのミュンスターを拠点とし、Audi RS 3 LMSで参戦したこのチームは、ヘルマン ボック/マックス パートル/ライナー パートル/フェルカー ペエプマイヤー組が3位でフィニッシュしています。


※本リリースは、AUDI AG配信資料の翻訳版です。

配信元企業:アウディ ジャパン 株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ