最近、TwitterなどのSNSを中心に騒がれている「国際信州学院大学」。
まるで本当にある大学のように思われますが、実は架空の大学でした。その真相とは一体どういったものなのでしょうか?

長野県にあるとされる国際信州学院大学。
インターネットで検索をするとホームページが出てきてまるで本当に実在する大学のように思われますが、JCASTニュースによると、

**********

このネタ大学が「開校」したのは2018年1月のこと。ネット掲示板5ちゃんねるユーザー達が、偽の公式サイトや教員のSNS、校歌などを続々と制作し始めたのだ。

**********

ということだそうです。
つまりこの大学はネタ大学で、本当に実在する大学ではないというのが真実です。

この国際信州学院大学、ホームページはかなり作り込まれており、変革の歴史や、出願情報、就活実績など詳細に記載されています。(就活実績はYou tuber200人などネタも満載です。)

そして、昨日、Twitterにて架空の「うどん屋蛞蝓亭」で国際信州大学の人にドタキャンされ作った料理が全て無駄になったとの
フェイクツイートが拡散され更に話題を呼んでいます。

2018/5/13 22:25掲載)

このネタ大学の暴走は一体どこまで続くのか、先行きを見つめて行くのと同時に、
SNSインターネットの世界は同じようなネタやフェイクのように、作られた情報がごまんとあることを我々は心得ておかなくてはいけないと今回の件をきっかけに教訓にしておきましょう。

ライター/ぶるーす(芸能ライター

就活実績はYou Tuber200人!? 異例の大学現る!