1970年代名作漫画』(原作梶原一騎/漫画:ながやす巧)の紛失していたカラー原画が、有名古書店「まんだらけ」のオークションに出品。掲載誌であった「週刊少年マガジン」を発行する講談社の中止要請をよそにオークションは実施され、400万円で落札された件が問題視され注を集めている。

 講談社明文によれば、ながやす氏は原画の譲渡や売却は一切行っていない。しかし、連載当時は、まだ原稿の管理が厳重に行われていなかった時代のため、カラー10枚、モノクロ10枚の生原稿が紛失。ながやす氏も、発見した場合は購入せずに一報をくれるよう、呼びかけていた。

 つまり「まんだらけ」のオークションに出品されたものは、この紛失した「原稿」の中の1枚ではないかと考えられている。

「今では、原稿をきちんと管理し、アーカイブをつくって保管しようという機運もあります。でも、かつては版下、すなわち印刷してしまえば不要という認識が強かった。おそらくは、当時の関係者が持ち出したり、作者に断りなく贈与したのではないかと思います」(ベテラン編集者

 ただ、そうした出所不明かつ盗品の可性も摘される原稿をオークションにかけることは問題ではないのか。

まんだらけといえば、思い出されるのは『漫画原稿を守る会』の事件です。これは、倒産した出版社が弘兼憲史氏ら複数の漫画家の2万ページえる原稿を、まんだらけに売却したというもの。この時も当初、まんだらけは返却に応じませんでした」(同)

 この事件では、まんだらけ側は自社は善意の第三者であり落ち度はないとして原稿の買い取りを要。結局、訴訟に至り、まんだらけは原稿の償返還に応じている。

「出品数を見るに所有権の確認を精緻に行うのは難しいかも知れません。とはいえ、まんだらけオークションでは、どうやって手に入れたんだと驚くものも多いです。以前も、宮さん(宮崎駿氏)が描いたとおぼしき『天空の城ラピュタ』のラフ原画が出品されていたことも……」(あるコレクター

 ネットでは、まんだらけに対して「盗品マーケット」「泥棒の仲間」という非難まで寄せられているが……。
(文=是枝了以)

『愛と誠』(講談社)コミック 全10巻 完結セット