5月9日中国ザリガニ加工工場で従業員同士の“いざこざ”が発生し、ザリガニを投げ合うなど現場が騒然とする出来事があったという。

地元メディア報道によると、騒動が起きたのはケイ門にあるザリガニ加工工場。“いざこざ”の原因は今のところ報じられていないが、製造ラインで業務にあたっていた二つの班の従業員が言い争いをはじめ、次第にエスカレートしていき、製造ラインザリガニを互いに投げ合う“合戦”と化してしまった。

この争いは動画にも残されており、い作業姿の従業員たちがザリガニを投げたりする混乱した様子が映し出されているが、中には騒動に乗じてザリガニを持ち去る従業員もいたとのこと。なお、工場はすでに当該の従業員を処分したそうだ。