中国を訪れたことのある人なら1度は見たことがある乗り物として電動バイクを挙げることできるだろう。原動機付自転車のような形をしているが、中国では電動アシストつき自転車という位置づけとなっているため、運転に免許は必要ない。自転車といっても実際に販売されている体にペダルは付いていないものが大半であるため、ほぼ電動バイクである。

 中国では電動と呼ばれる電動バイクの中を移動する手段として一般的で、エコ乗り物であるうえに価格もそこまで高くなく、非常に多くの人が使用している。中国メディアの快資は13日、「なぜ日本で電動バイクを見かけないのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について紹介している。

 中国よりも土が狭く天然の少ない日本では電動バイクはほとんど見かけない。その理由について記事は、日本では電動バイクを運転するために免許の取得が必要であったり、保険に加入しなくてはならないなど手間が掛かることを紹介している。さらに、日本で販売されている電動バイクの価格は安くはないことも、日本で電動バイクを見かけない理由として紹介した。

 他にも記事は、日本高齢化社会問題となっていることを紹介し、高齢者の多くはバイクではなくに乗ることを好むとし、日本で電動バイクが少ない理由であるとしている。しかし、日本天然の少ないであるゆえ、今後は電動バイクが流行るに違いないとした。

 将来的に日本で電動バイクが流行するかは別として、電動バイク庭用電で充電することができ、非常に便利な乗り物だ。中国では電動バイクを運転するのに免許は必要なく、でも乗ることができるゆえ非常に普及している。非常に便利だが、を走るため危険も存在する。日本中国は交通事情に大きな違いがあるため、旅行者が気軽に乗るにはハードルが高いのでおすすめはできない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

なぜなんだろう? こんなに便利な電動バイク、日本で見ない理由=中国メディア