介護

kazoka30/iStock/Thinkstock)

「ハサミを他の人に向けてはいけません」というのは幼稚園小学校で習うこと。渡す際、自分が刃のほうを持つなどして気を配る人も多いだろう。

だが、病気が原因でそれがわからなくなったら…老人ホームで起こった痛々しい事件に注目が集まっている。

■87歳認知症男性が23歳女性をハサミで…

朝日新聞などの報道によると、群馬県警高崎署は16日、同市内にある特別養護老人ホームで介護福祉士の女性(23)をハサミで刺したとして、入居者の男性(87)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

男性は同日午前5時55分頃、ホームのリビングで夜勤中の女性の左胸を全長20センチ、刃渡り8センチのハサミで刺し、殺害しようとした疑いがある。

不幸中の幸いで女性は女性は全治1週間の軽傷で済んだようだが、気になるのが男の反応で、「俺はやっていない」と容疑を否認しているというのだ。

というのも男性には重度の認知症があり、施設によると以前から脱走・暴力などの問題行動があったという。

■高齢化社会で増えていく?

この事件に対し、ネット上では「どういうこと」「こういう事件増えていきそう」などの声が確認できる。

・えー重度認知症の87歳が逮捕されちゃうんならこの手の逮捕かなり多くなるんじゃない? 女性職員への強制わいせつとか…

・被疑者の年齢87歳…

・入所者の87歳が介護職員23歳を刺したとかどういうことよ…

・今後こういう事件増えていきそうだね

認知症ってのがな。本人覚えてないとなると色々絶望でしかない

■2割に親族の介護経験あり

(©ニュースサイトしらべぇ)

以前、しらべぇ編集部は全国20代〜60代の男女1,365名に「親族の介護経験があるか」という調査を実施。男性は17.5%、女性は18.7%と、どちらもあまり多くない結果だが、段階の世代が要介護になっていくにつれ、この割合も急速に増していくものと思われる。

女性介護福祉士の心と体に傷が残らないか、不安だ。

・合わせて読みたい→公共の場で女性35人に体液かけ、動画を撮影した男 犯行の全貌が歪みすぎ

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

87歳男性が23歳女性をハサミで刺す 老人ホームで起きた事件に「絶望しかない」