公開練習、WBSSは「出ると書いて」も「25日に集中しているとも書いて下さい」

 勝って、世界最強決定トーナメントに打って出る。プロボクシングの3階級制覇に挑む前WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が16日、練習を報道陣に公開し「3階級制覇という区切りの一戦なので、見ている人もスカッとするようにKOで勝ちたい。歴史に名を刻むような試合にしたい」と意気込みを語った。井上は25日に大田区総合体育館で行われるWBAバンタム級王座戦で王者のジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。練習中には、水に溶かしたプロテインも摂取。「1.4キロの違いだけど、気持ち的にはやっぱり、楽。体重に余裕があるので、プロテインも飲める。今までなら、この時期には飲めなかった」と減量の変化を話す表情は明るく、順調な調整をアピールした。

 勝てば3階級制覇の偉業だが、すでに世界中から注目を集めている井上にとっては、次なるステージへの「手土産」に過ぎない。視線の先には、団体の垣根を越えた、各階級の世界最強決定トーナメントWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)出場を見据えている。各階級のトップ選手がトーナメント形式で戦うWBSSは、クルーザー級とスーパーミドル級で第1シーズンを展開中。第2シーズンバンタム級など中軽量級の開催が予定されている。井上は、WBSSについて「自分は出る気でいます。オファーも来ています。出ないわけにはいかない。出ると書いて下さい。ただ、25日に集中しているとも書いて下さい。先のことばかり考えていたら、足をすくわれますから」と参戦を明言した。

3階級制覇からWBSSへ「ほかの日本人選手と違うステージに行きたいという思いある」

 2012年にプロデビューした井上は、7年間で驚異的なキャリアを積んできた。2014年に当時の日本人男子最短記録である6戦目でWBC世界ライトフライ級王座を獲得。8戦目でWBO世界スーパーフライ級王座を獲得して2階級制覇を達成。以降も負けなしで戦績は15戦全勝(13KO)。これから成熟期を迎える25歳で、相手を探すのが難しいほどの存在となった。WBSSは、評価の高い選手がリスクを負って臨むビッグマッチ。大橋秀行会長は「試合が終わってから決めたい。今は勝つことだけに集中したい」と慎重な姿勢を示したが、井上は「出ることに意味がある。トップと試合をすることが、自分の力を引き出してくれる。ほかの日本人選手と違うステージに行きたいという思いは、昔からある」と参戦に向けた強い思いを明かした。

 ただし、井上自身が指摘したように、まずは初めてのバンタム級での試合をクリアしなければいけない。階級を上げたことで減量苦から解放されるが、相手の体格やパワーは今までの相手より大きくなる。特に、今回の対戦では約13センチ身長差も課題となる。164.7センチの井上に対し、マクドネルは178センチ。井上は、シャドボクシングガードを上げて頭より高い位置へのジャブを放ち、ミット打ちでは、長身選手の弱点になりがちなボディへ強烈な左フックを何度も打ち込んだ。各国から長身パートナーを呼んでスパーリングを重ねており、準備は万全だというが、油断を遠ざけるように「マクドネル選手を過大評価している。自分のパンチが当たらない、ボディ(ブロー)もヒジでブロックされるというイメージでやっている」と警戒を怠らなかった。KO勝ちで「バンタムの井上」を強く印象付けられるか。井上は、さらに大きなステージへ進むための3階級制覇に挑む。(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ミット打ちで汗を流した井上尚弥【写真:平野貴也】