次期指揮官はニースのファブレ監督が最有力 バチュアイは完全移籍での獲得を目指す

 MF香川真司が所属するドルトムントは、来季に向けて大刷新の可能性が浮上している。イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」が、セリエAクラブを中心に多くの選手を入れ替えると報じた。

 ドルトムントは今季、ペーター・ボス監督の下でスタートするも成績不振で途中解任。ペーター・シュテーガー監督を招聘して残りのシーズンを戦い、次期指揮官フランス1部ニースで指揮を執ったルシアン・ファブレ監督が最有力と見られている。そして、“改革”には選手の大幅な入れ替えも見込まれているようだ。

 記事では、昨冬にチェルシーから期限付き移籍で加入したベルギー代表FWミシー・バチュアイを買い取る意向があると言及。さらに、ファブレ監督が指導した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得がクラブリクエストされているという。また右サイドバックの人材として、ユベントスを今季限りで契約満了となるスイス代表DFステファン・リヒトシュタイナーを獲得することが決定的となっている。

 その一方で、放出リストにはそれを超える選手の名前がズラリと並んだ。

 まず、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスはACミラン1500万ユーロ(約20億円)で移籍する可能性があると予想。さらにDFジェレミー・トリアンは、ナポリが獲得を目指して動きを進めているという。


プリシッチにはプレミア強豪3クラブが関心

 中盤から前線では、ドイツ代表MFユリアンヴァイグルは、来季からパリ・サンジェルマンの指揮を執るトーマス・トゥヘル監督が獲得を熱望し、クラブリクエストを出しているとした。

 さらにアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチトットナムリバプールアーセナルプレミアリーグ強豪3クラブが獲得を模索。そして、ドイツ代表MFアンドレシュールレは、クリスタル・パレスが獲得リストの最上位として狙っているという。トルコ代表MFヌリ・シャヒン、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーもオファー次第ではドルトムントを退団する可能性があるようだ。

 香川については言及されていないが、日本代表メンバーに選出されてワールドカップを戦えば、チームメイトの顔ぶれが一変している可能性も十分にありそうだ。来季のドルトムント指揮官から主力メンバーまで大幅に刷新され、完全なる新チームとして戦うことになるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

(左)次期指揮官はニースのファブレ監督が最有力で、(右)バチュアイは完全移籍での獲得を目指す【写真:Getty Images】