テスラ社の電気自動車(EV)モデルXは、搭載する最新テクノロジーカブトムシのように開くファルコンウィングドアなどで知られている。その一方で、かなり“力持ち”でもある。

それがオーストラリアメルボルン空港で証明された。なんと、カンタス航空の航空機ボーイング787-9型機(ドリームライナー)を牽引したのだ。人を乗せて電気で動く乗り物が牽引したものとしては最も重く、ワールドギネス新記録という。

・ゆっくり前進

乗用車が航空機を牽引するという、このユニークな試みはメルボルン空港の端にある滑走路で行われた。

パイロット2人が乗り込んだドリームライナーを、牽引ツールでつながれたモデルXが引っ張るというもの。カンタス航空が公開した映像を観ると、ゆっくりではあるが確かにドリームライナーが引っ張られている様子が確認できる。

・トラック牽引映像はネットにも

実際、モデルXの中で最も性能が優れたP100Dは最大トルクが967Nmもあるなど、かなりパワフル。そのパワフルさを証明する映像としては、雪道にはまったトラックを牽引する様子などがYouTubeに投稿されている。

しかし、航空機の牽引というのは次元が違う。日常ではありえない設定ではあるが、力の証明としてはかなりわかりやすい。

モデルXがパワフルなのはいいとして、カンタス航空がなぜこんなことを?を不思議に思う人もいるだろう。実は、同航空とテスラは協調関係にあり、メルボルンやシドニー、ブリスベンといった主要空港では、テスラユーザーに同航空の充電スポットを提供するなどのサービスを展開している。

今回の牽引は、どちらかというとアイキャッチ的なデモだが、面白い試みではある。映像は下記のリンクからどうぞ。

That time we towed a plane with a Tesla/YouTube

テスラ「モデルX」の強力パワーがギネス認定! 豪カンタス航空の飛行機を牽引