「出会いがないから、恋愛できない!」「歳だから良い出会いがない」と嘆いている人は、

本当は素敵な出会いがあるはずなのに、知らず知らずのうちに逃している行動をとっているのかもしれません。

そんなNGな行動を解説します。

■年齢にとらわれている

20代くらいまでは合コンのお誘いもたくさん舞い込んできたのに、30代になるとそんな話もプッツリ…。にも関わらず、

「若い人ばかりの場所には行かない」や「5歳以上年上はNG」などと年齢にこだわって行動範囲を狭めていませんか?そうした考え方がますます出会いを遠ざけています。

同年代が気楽とか、年が離れてると話が合わないとか、気持ちは分かりますが、自分の年が上がるにつれ恋愛対象としての出会いは減っていくのが現実です。

出会いを望むならば、年下でも年上でも年齢にとらわれることなく積極的に動いていきましょう。

■出会い方に偏見を持っている

合コンSNSの出会いは世間体が悪い!」など、出会い方に偏見を持っていませんか?友人・知人からの紹介を期待するのは悪くありませんが、

いつも人任せの受け身態勢では降ってわいた良い出会いなど軌跡のようなものです。

確かに、友達を介した紹介なら信用できるでしょう。

でも、交友範囲には限界があります。

そもそも今までの紹介で出会えてないのなら、これからも難しいというものです。

最近はTwitterFacebookLINEなどのコミュニケーションをとりやすいツールがたくさんあります。

忙しい人こそ、こうしたSNSなどを通した出会いで人脈を広げています。

まずはSNS上で、それからオフ会などのリアルへとつながれるのなら、使わない手はありませんよ。

理想が高い・条件が多い

合コンに参加しまくっているのに出会えない。

理想の相手がいない。

もし、そんな状態にあるなら危険信号です。

合コンは、たくさんの男性が来るためよりどりみどりのように感じますが、

参加回数が増えれば増えるほど、

「この人もストライクゾーンだけど、もっとそれ以上の人がいるかもしれない。次の合コンにかけてみよう!」という考えが繰り返されてしまいます。

そしていつの間にか時間だけが経過し、一向に恋愛に進まないという残念な結果に…。

合コンに参加するのは、出会いを求める上でオススメではありますが、あまり相手に多くの条件をつけず、ある程度で見切りをつけることも必要なのです。

おわりに

出会いがないことを周りの環境にしてみたり、年齢のせいにしてしまっている人は、知らず知らずのうちにマイナス行動を取っています。

それで出会いを逃している人は意外と多いようです。

でも、周りを見渡せば良い出会いはしっかり門を広げて待ってくれています。

これまでの行動を見直し、自分の恋愛は自分で切り開くつもりで新しい出会いに目を向けてみてくださいね。(森山まなみライター

(愛カツ編集部)

shutterstock_557269723 (1)