2部降格が決まったケルンからブレーメンへ バウマンSDも高評価「豊富な経験がある」

 ケルン日本代表FW大迫勇也が、ドイツの古豪ブレーメンへ移籍することが決まった。ドイツ紙「ビルト」によれば移籍金は600万ユーロ(約7億8000万円)だという。

 大迫にとって、ブレーメンドイツ1860ミュンヘンケルンに続く3クラブ目。今季のケルンリーグ戦で18チーム中最下位に沈み、2部降格が決定。25試合4得点を記録していた大迫は来季も1部で戦うことが決まった。

 ブレーメンスポーツディレクターを務めるフランクバウマン氏は、大迫について「テクニックに優れ、柔軟性に富んだ選手」とその能力を絶賛。フローリアン・コーフェルト監督も「ユウヤ素晴らしい補強だ。彼はクリエイティブで狭いスペースで良い動きをする」と評している。複数ポジションをこなせる点も強みだとしている。

 また、バウマンSDは「ユウヤはすでにブンデスリーガで豊富な経験がある」と実績面でも高く評価した。

 大迫もブレーメンについて「多くのファン素晴らしい伝統あるクラブ」とコメント。同クラブではかつて元日本代表DF奥寺康彦氏がプレーし、リーグ優勝4回の実績を誇る。今季は11位だった。


Football ZONE web編集部)

日本代表FW大迫は、ブレーメンへの移籍が決まった【写真:Getty Images】