こんにちは、チェルシーです。

今回は、嵐のようにやってくる部屋の模様替えについて。

模様替え、大々的なものが月1ペースくらいで開催されています。新しいものを買うというより、ぐるんぐるんに配置を変える、ということが行われている。

唐突なやる気のもと、勢いで全部に手を出すので、やるたび部屋の中にどちゃっと物が広がり、竜巻が部屋の中を通過したあとのよう……。なにがそんなにあるかっていうと、本や展示のDM、写真のプリントにネガフィルムなどなど、印刷物がたくさん。あと装飾に使う材料や道具などもあって。

そういえば、はさみが家に10個以上あったのには、さすがに驚かされた。収納に見合わない道具は本当に使っているか見直してみる。シンプルにしてみたら、あちこち探していたものがあっという間に見つかるようになってきた。

古道具の再利用

今回の模様替えは、いつか使えるかも〜と思い、取っておいた謎の古道具たちが、みごとに部屋に吸収された貴重な回でした。

だいたい「いつか使えるから」という呪文で、首がまわらなくなる。

まずは、本棚を動かそう! と、中に本が入った状態の本棚を、ひとりで少し横に引っ張ったら、メキメキメキという音とともに傾きまして。さらにいろんなパーツが割れてしまいまして、壊れまして。そういうズボラはしちゃいけないですね。前途多難。

シンプルな作りなので、どうにかこうにか直して、ホームセンターで買ってきたクロスバーを棚の後ろにつけました。バッテンで補強です。

(どうにかこうにかのあたりの解説。釘が使われていないこの本棚は、サイドフレームの溝に穴がたくさんあり、高さ調整が可能なもの。横に渡す板の留め具に乗せる小さな板が、「ダボ」という螺旋状になった木のパーツでつないであるんですが、その部分が割れてしまった……というわけなのです。よくよく見てみたら、前の持ち主も同じことをしたらしく、「ダボ」に木ネジを打ち込んで修復完了)

古道具屋さんで買って、長らく使っていた机が手狭になってきたので、ベットの下から使っていなかった大きな板を引っ張り出してみました。7層に重なっているこの木材は「断面がかわいいから」という理由で、破棄を免れていたもので、部屋の出っ張りから、ドアまでの距離にぴったりフィット

やっと陽の目をみました。

もともと古道具の机についていた、アイアンの足をつけ替える。

作業する電動のドリルドライバーとかインパクトは、ホームセンターで1泊2日でだいたい500円以内で貸してくれるので、とても便利。

さて、机ができあがり。
アイアンの足は古道具屋さんやネットでも買えるし、もしくは木の板を乗っけるだけで安定するタイプの足がIKEAにあったり。2×4の木材を差し込んで、簡単に足がつくれる「ソーホースブラケット」などいろいろあるので、よい板を買ってきてつくるのもまた楽しい。

おまけに電気のスイッチ

いままでは、本棚の後ろに隠れて見えていなかった電気のスイッチが、思ったより黄ばんでいたことに気がついたので、ここも交換することに。

実はスイッチパネルの交換って、とても簡単だということが今回わかりました。ホームセンターや雑貨屋さんでかなりお手頃に変えられます。シンプルなものなら200~300円くらい。パカっと外して、外枠のネジを外せばOK。

ついでにもうひとつ

アイアンの足がもともとついていたこの机の板。昔はきっと縫製工場で使われていたもので、表面にじんわりとルーラーの跡がたくさん残っている。その部分がとても気に入っていて、「どこかで使いたいなー、どうしようかなー、なにか木材買ってきて足をつくるかなー」と思い、部屋を見回してみたら、こんなものがありました。

古道具屋さんで見つけて、ずっと所在なく家に転がっていたこたつの台。ひとり用のこたつで、中にアンカをいれて、厚手の布や布団をかけて使っていたものだと思われます。これまた釘を使わず、組みつぎされたもので、木の質感とサイズが好ましい。

こたつの台に板を乗っけたら、ローテーブルになりました。ずっと取っておいたものが、ここでまた再利用。

写真右にある木の細い机は、玄関で靴置きとなりました。

しかるべき場所にどんどんと収まっていく感じ、ブラボー! ハラショー

後ろにあるソファの場所は、模様替えのたびに再三場所を変えてきたんですが、窓を背にして置くのが、一番気持ちいい場所だと発覚。ここはないだろうと思っていたので。……わからないもんですね。

さわさわと窓から風があたって、読書や昼寝、日中の居心地がよくなって、 しっくり来るまでがんばってよかったなと、一安心。なんだか家にいるときが、とても好きな時間になってきました。

ローテーブルって便利ですね……しみじみと。

模様替え、片づけるのが大変なんだけれども、その度にいまの私にはすっかりいらなくなってるものがあったり。そう見つめ直すいい機会なので、修行だと思って、これからも精進します。

机が広くなったので、次のすむところ実験は、机の上に棚を作ることします。大変なことになりそうだ……!

チェルシー舞花)

チェルシー舞花、古道具を改修して部屋の模様替え