ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・清水アキラ研ナオコモノマネパクリ疑惑?
・古参モノマネ芸人が暴露
六本木ショーパブのパクリだった?

清水アキラ 研ナオコ

5月16日に放送された『水曜日のダウンタウンTBS系)』にて「王道モノマネを最初にやった人 意外な人物説」という説が行われた。

最初に武田鉄矢モノマネは誰なのかというのを探ったところ、多くのモノマネ芸人が「カワムラ家具の河村さんじゃないのか」と語る。カワムラ家具の社長である河村和範さんを実際に尋ねると、当時のVTRが出てきて、金八先生から財津一郎に変わるというネタを披露。それを見ていたMCの山田邦子が「なんですかー!」の部分を切り取り、『ひょうきん族』でやったために全国的に広がったという。
それ以外にも河村さんはルパン三世やボヤッキー、ドクロベェーまでこなす器用なモノマネの達人であり元祖でもあったことが分かった。

企画は今度ネタパクリ問題に移行し、またも河村さんがパクリ問題について次のように語り「六本木とかショーパブとかに遊びに行くと元祖がいっぱいいて、そういうのを見て、パクってパッとテープ貼ったりとかっていうの僕見ましたけど」と鼻にテープ貼る芸の元祖は六本木ショーパブだと暴露。スタッフが「テープ貼ってる?」と聞き返すと「あれ六本木のともちゃんっていう、もの凄い上手い子がいたんですよ。研ナオコの」と何のモノマネをしてるかも言ってしまった。このVTRを見ていた浜田雅功は「言っちゃったよ……」とスタジオで笑いながらコメント

これは要するに清水アキラ研ナオコモノマネは、六本木ショーパブで働いている人のパクリだというわけだ。もしかしたらともちゃんという人に許可を得ていたのかもしれないが。

息子はパクられ、親父はパクリ……。