マンチーニ監督を「カルチョをよく知る人物」と高く評価するも、選手のレベル疑問符

 かつてACミランレアル・マドリードで数々のタイトルを獲得した名将ファビオ・カペッロ氏が、イタリア紙「ラ・スタンパ」のインタビューロベルト・マンチーニ新監督が就任した“新生”イタリア代表について言及。「現実を見るべき」と、選手のクオリティーに触れた。

 イタリア代表は昨年11月ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会への出場権を逃した。ジャンピエロヴェントゥーラ監督を解任し、ルイジ・ディ・ビアッジョ暫定監督の下で親善試合2試合を消化。そして今月14日に、マンチーニ監督が正式な指揮官として就任した。

 国内外のクラブタイトル獲得経験があるマンチーニ監督について、カペッロ氏は「経験のある監督で、国外でも実績があり、我々の“カルチョ”をよく知る人物だ」と高評価。ただ、その一方で「残念ながら……」とイタリア代表の現実について言及した。

「選手のクオリティーが優秀ではない。我々(イタリア国民)は現実を見るべきだ。選手の能力は、周りで考えられている、あるいは言われているほどのものではない。イタリアに良い選手はいる。しかし、フオリクラッセ(超一流レベル)の選手には程遠いレベルの選手たちだ」


ファンタジスタも、重戦車も、マエストロもいない…

 カペッロ氏はマンチーニ監督が就任したイタリア代表に、過度の期待とプレッシャーをかけるべきではないと主張した。確かに、現在のイタリア代表には“ファンタジスタ”と呼ばれたFWロベルト・バッジョやFWアレッサンドロ・デル・ピエロ、FWフランチェスコ・トッティといった存在も、“重戦車”の異名を取ったFWクリスティアン・ヴィエリのようなストライカーもいない。

 “マエストロ”と呼ばれたMFアンドレア・ピルロのようなレベルプレーメーカーも不在で、伝統の堅守を支えてきたDFファビオ・カンナバーロ、DFアレッサンドロ・ネスタ、DFパオロ・マルディーニのような存在が現在の最終ラインにいるかと言えば疑問が残る。鉄壁守護神のGKジャンルイジ・ブッフォンユベントス)もまた、引退間際の状態だ。

 マンチーニ監督は就任会見でW杯や欧州選手権のような主要タイトルを持ち帰るイタリアを復活させたいと宣言していたが、名将カペッロは選手のクオリティー面から大いなる疑問符を新生アッズーリに与えている。


Football ZONE web編集部)

カペッロ氏が、マンチーニ新体制のイタリア代表について言及した【写真:Getty Images】