2018年5月17日,Western Digitalは,ゲーマー向けと位置づけるSSD製品「WD Black NVMe SSD」の第2世代モデルを国内市場に向けて発表した。製品名から想像できるように,論理インタフェースとしてNVM Express(以下,NVMe),物理インタフェースとしてPCI Express(以下PCIe)x4を採用する製品だ。


 ラインナップは容量1TB,500GB,250GBの3モデルで,いずれも5月18日発売予定。主なスペックメーカー想定売価は表のとおりとなる。


 第2世代WD Black NVMe SSDにおける最大の特徴は,Western Digital独自のコントローラを採用したことだ。おそらく買収したSanDiskコントローラベースにしていると思われる新世代コントローラは,CPUとは別に「Data Path engines」を用意しているのが大きな特徴となっている。


 たとえばSamsung Electronics(以下,Samsung)は,EVOシリーズで,TLC(=3bit MLC)NAND型フラッシュメモリの一部をSLCキャッシュとして利用する「Turbo Write」技術を採用する。これはストレージのI/Oが高負荷な状況において効果を発揮するわけだが(関連記事),SLCキャッシュ容量が飽和した場合は,むしろ「キャッシュ領域を必ず通す」仕様がゆえに,アクセス遅延が大きくなる。

 Samsungはこの対策として,最新世代だと膨大なSLCキャッシュ領域――具体的には容量2TBモデルで最大78GB――を確保しているのだが,Western Digitalの新コントローラは,連続した大きなデータを逐次書き込みするようなケースにおいて,SLCキャッシュ領域を通すことなく直接NAND型フラッシュメモリへ書き込むようなバイパスを「Data path」として,そしてData pathを制御用のコントローラData Path enginesとしてそれぞれ用意した。これによりアクセス遅延の問題を回避できるだけでなく,CPUクロックサイクルを消費しないため,消費電力および発熱を大幅に引き下げられるというのがWestern Digitalの主張だ。
 実際,WD Blackで「放熱のための銅シート」などは採用していないとのこと。部品を実装していない面に一般的な放熱シールを貼ってあるだけで,これで十分に冷却できるという。


 組み合わせられるNAND型フラッシュメモリは東芝・Western Digital連合の「BiCS3」。64層のTLCで,すでに「WD Blue 3D NAND SATA SSD」で採用実績のあるものだ。

 IntelMicron Technology,そして前出のSamsungはいずれも自社のコントローラとNAND型フラッシュメモリを組み合わせられる技術を持っている。そのグループにストレージ業界の巨人であるWestern Digitalが仲間入りしたことで,SSD市場はさらに活気を増すことになるのではなかろうか。
 第2世代WD Black NVMe SSDスペックSamusngの「SSD 970 PRO」に迫り,それでいてメーカー想定売価は「SSD 970 EVO」並みなので,性能次第ではゲーマー向けSSDとして大きな注目を集めることになりそうだ。



リンクWestern DigitalのWD Black NVMe SSD製品情報ページ


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/419/G041967/20180516052/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE Western Digital

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

Western Digital,第2世代の「WD Black NVMe SSD」を国内発表。自社製コントローラと自社製NAND搭載で高性能と低消費電力を追求