2018年5月17日にマイナーチェンジを行ったスタイリッシュワゴンのホンダ・ジェイド。「アーバン・スポーティ・ツアラー」に相応しい走りを目指して、2つのパワートレインを用意しています。

詳細画像はこちら

ジェイドに搭載されているパワートレインは最高出力150psを発生し、JC08モード燃費17.8~18.0kmLを実現する1.5L直列4気筒VTECターボ。そして、JC08モード燃費24.2km/Lを実現した1.5Lガソリンエンジン+モーター+7速DCTデュアルクラッチシステム)を組み合わせたスポーツハイブリッドi-DCDの2種類。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

今回のマイナーチェンジで、より上質な走りへと進化させるために1.5Lターボエンジンを搭載したRSのCVTに専用セッティングとして、高回転域の加速フィーリング向上を狙って「全開加速アップシフト制御」を採用。さらに制動時のエンジン回転数を上げることによって安心感を高める「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を追加することで、マニュアルミッションのようなフィーリングを与えています。

一方のスポーツハイブリッドi-DCDはギアレシオの変更と駆動力制御を見直すことで、発進時加速のアクセルONからのレスポンス向上を実現。よりドライバーの思い通りの加速性能を実現させています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

安全装備では全グレードで先進の安全運転支援システムホンダセンシング」を標準装備。新たに歩行者事故低減ステアリング機能を追加し、さらに充実した内容となっています。

マイナーチェンジしたばかりのジェイドですが、純正アクセサリーも充実してのが魅力です。モデューロで知られているホンダアクセスからは、クロームメッキ調でクールな印象を演出する「ロアガーニッシュ(フロント/リア)や、スーパープラチナメタリック塗装によりフォグライト周りに精悍な輝きを加えるフォグライトガーニッシュを設定。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

インテリア用としてラゲージカバーを用意。ラゲージルームを隠せるほか、開けた状態でテールゲートのライニング部に引っ掛けて固定でき、両手で荷物の積み降ろしができるスグレモノです。3列シート車用が1万800円。新設定された2列シート用が1万8360円。ステーションワゴンとしてジェイドを選ぶなら必需品といえるアイテムです。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

レースシーンでも活躍している無限もジェイド用のパーツを発売。エアロパーツカラード仕上げ×ツヤ消しブラック塗装仕上げの2トーンとしたフロントアンダースポイラーを設定。オプションエアロイルミネーションを装着すれば、無限らしい存在感溢れるスタイリングとなります。

リアアンダースポイラーデュアルサイレンサーと同時装着することで、車両との一体感と迫力を両立。ウイングスポイラーは大型タイプの翼端を採用。ブラックルーフに対してボディ同色のカラーを選ぶことができ、迫力と存在感のあるリアスタイルとなっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

アルミホイールジェイド専用のデザインで開発した18インチアルミホイール「MDJ」を装着。6本スポークを基調として、カラーは2トーンのダークガンメタリックブラックを追加することで、スポーティかつ上質感のあるデザインに仕立てています。加えて、スポーツマットシフトノブなどインテリアパーツラインアップジェイドを内外装ともにレーシーに仕立てることが可能です。

(萩原文博)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

すべてのパワートレインで加速フィーリングを向上させた新型ホンダ・ジェイド(http://clicccar.com/2018/05/17/589693/)