ポーランドのワルシャワをベースにするCreepy Jarは,PC向けサバイバルアクションGreen Hell」のアーリーアクセス版を,2018年夏にSteamリリースすると発表した。

 本作は,記憶を失ったままアマゾンの奥地で目を覚ました主人公が,過酷な自然環境に悪戦苦闘しながら,いつ終わるとも知れないサバイバル生活を続けていくという一人称視点のアクションゲームだ。
 プレイヤーは謎の声を頼りに移動を続け,銛や弓矢などの武器を自作し,空腹と戦いながら,美しくもあり陰惨でもある熱帯雨林でサバイバルを繰り広げることになる。


 Creepy Jarは,リアルサバイバルシミュレーターをモットーに,この「Green Hell」の開発を行っており,時には自分の手足のボディーチェックをしないと,ヒルのような寄生生物に蝕まれていたり,傷口が化膿しているのに気づかなくて,さらに健康を害してしまうようなことも起こり得るという。
 また,孤独さと過酷さによって精神的に追い詰められていく様子も表現され,プレイヤーがどのように生き延びていけるのかも見ものになりそうだ。


 すでにSteamのプロダクトページも公開されており,インタフェースと字幕の日本語化も進められていくようだ。密林でのサバイバルゲームといえば「The Forest」などがあるが,この「Green Hell」もサバイバルゲームファンにとって気になる1本になりそうだ。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

リンク「Green Hell」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/419/G041970/20180517005/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
・PC Green Hell

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

アマゾンの奥地で生き延びるサバイバルアクション「Green Hell」が発表。今夏中にもアーリーアクセス版をリリース予定