2018年5月21日株式会社大和書房より『センベイブラザーズのキセキ ~赤字を1年で黒字化 金、時間、経験なし 町工場の奮闘記~』(センベイブラザーズ・著)を刊行いたします。


東京都江戸川区船堀に50年以上続く、老舗せんべい工場があります。2014年夏、この小さな町工場は、倒産寸前の崖っぷちに追い込まれていました。

経営者の病、融資のストップ、残された借金、せんべいが売れない……。 そんな絶望的な状況で家業を継承した4代目の兄弟は、起死回生のビジネス「Senbei Brothers センベイブラザーズ」を立ち上げます。キャッチコピーは「せんべいを、おいしく、かっこよく。」4代目兄弟ががむしゃらに走り続けて家業を立て直した、過去から現在までの「リアル」を語ります。




久米宏さんも大絶賛! アイデアと行動力で、ブランディング・マーケティング・中小企業経営の常識を覆す

Senbei Brothersは、煎餅らしくないオシャレパッケージと、「バジル」「極みワサビ」などこれまでになかったインパクトの強い味で、煎餅の新スタイルに挑戦してきました。

地元での販売を足がかりに認知度を向上させると、新宿伊勢丹渋谷ヒカリエルミネ新宿、阪急百貨店などに出店。試行錯誤の販売を繰り返しながら、ユニークヴィジュアルアイデンティティと効率的な販売スタイルを確立していきます。
現在では、通販サイトで最大数か月待ちとなるほどの人気を誇り、米菓業界内で独自のポジションを確立。倒産寸前だった工場を復活させることに成功しています。

さらに、星野リゾートJUNRed六本木ヒルズなど異業種とのコラボレーションも積極的に行い、せんべいの新たな価値を提案し続けています。
  • 著者について
Senbei Brothers (センベイブラザーズ)
東京都江戸川区にある煎餅工場、笠原製菓の4代目兄弟が展開する小売りブランド。煎餅職人の弟が焼いた煎餅を、元デザイナーの兄が売るスタイルで、「せんべいを、おいしく、かっこよく。」をコンセプトに煎餅の新たな価値を提案。20種を超えるバラエティ溢れる煎餅を、独自のパッケージプロモーションにより自ら販売し、SNSメディアにて大きな反響を呼ぶ。小売りの他、星のや東京、六本木ヒルズ、JUNRedなど、ホテルファッションブランドとのコラボレーションも行い、煎餅の新たなスタイルを積極的に展開中。
  • 書籍概要
書名:『センベイブラザーズのキセキ』
仕様:四六判、208頁、1色、ソフトカバー
定価:本体1500円+税
発売日:2018年5月21日
発売元:株式会社大和書房
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b355389.html お好みのオイルとフレーバーで、あなた好みの「せんべい作り」を体験できるワークショップを開催します。当日はセンベイブラザーズも一緒に、煎餅作りのお話も交えながらお楽しみにいただけます。
開催日:2018年6月3日(日)
時間:開場14:30 開演15:00 ※1時間程度の予定です。
開催場所:ルミネ横浜4階特設会場
参加方法:
有隣堂ルミネ横浜店(ルミネ横浜6F)にて、イベント当日までに『センベイブラザーズのキセキ』(大和書房/税込1,620円)をご購入いただいたお客様に参加券を差し上げます。5月22日(火)10:00より予約受付を開始いたします。
http://www.yurindo.co.jp/yokohama-lumine/10916
<TEL>045-453-0811 店頭もしくはお電話にてご予約を承ります。

配信元企業:株式会社 大和書房

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ