イオンモール株式会社(以下、イオンモール)は、中国山東省煙台市の経済技術開発区内に、山東省では初となるショッピングモール「イオンモール煙台金沙灘」(以下、当モール)をオープンします。イオンモールは、今後の成長戦略として、海外事業展開に注力しています。中国では2008年に1号店をオープン以来、4つのエリア※を中心に集中的に出店を進め、現在までに合計17モールを展開しています。山東省では、青島市を中心にグループ企業の青島永旺東泰商業有限公司(以下、青島  イオン)が1996年より事業展開しており、当モールの出店により、山東省におけるイオンブランドをさらに高めてまいります。※4つのエリア:1.北京・天津・山東省2.江蘇・浙江省3.湖北省4.広東省


イオンモール煙台金沙灘」の立地・商圏について
煙台市は山東半島沿海部の地級市(省に次ぐ行政単位)で、経済技術開発区として海外からの投資も活発な山東省経済の牽引役となっています。当モールは、煙台市中心部から北西約15kmの経済技術開発区内に位置します。同エリアは、中国国務院に指定された14の国家級開発区の一つで、住宅開発によりニューファミリー層の人口が急増しているほか、道路などのインフラ整備も進み、広域からのアクセスも便利なエリアです。

イオンモール煙台金沙灘」の最大の特徴
●地域環境と未来的創造を融合したショッピングモール
環境保全を重要視した煙台市の街づくりを基調にして、未来的デザインを融合した施設環境を実現。さらに、衣・食・住・アミューズメントに加え、美と健康に趣味の世界を融合させたヘルス&ビューティーゾーンを設置するなど、新たなライフスタイルをご提案します。

バラエティ豊かな各種コンセプトゾーンと地域“初”の取り組み
合計12,000平方メートル 以上で各種カテゴリーごとに展開するレストランゾーンや、煙台市初となる約3,500平方メートルスポーツファクトリーゾーンやシネマの「中影国際影城」など、山東省初出店27店舗、煙台市初出店31店舗を含む計217の専門店が集結します。

ファミリー対応を強化したキッズゾーン
地域最大級のキッズアミューズメントを導入し、「新たな遊び」体験をご提供するほか、ファミリーの多様なニーズを満たす専門店が集結したキッズゾーンを合計15,000平方メートル で展開します。山東省最大級の「巴拉巴拉balaala」に、煙台市最大級の「孩子王」を始め、合計24店舗のキッズ関連専門店が出店。さらに人気のアミューズメント「Molly Fantasy」、「卡通尼」は、合わせて約6,000平方メートル で展開します。

●「もっと素敵な日常」をお届けする食品スーパーイオン煙台金沙灘店」
核店舗「イオン煙台金沙灘店」では、「より安全・安心な商品がほしい」「リラックスできる空間づくりにこだわりたい」というお客さまのご要望にお応えし、高品質とお手頃価格を両立した商品やサービスをご提供することで、「もっと素敵な日常」をお届けします。

イオンモール煙台金沙灘」の概要
モール名称: (日)イオンモール煙台金沙灘(えんたいきんさたん)
(中)永旺梦乐城烟台金沙滩(yantai jinshatan)
(英)AEONALL YANTAI JINSHATAN

・ 所在地: 中華人民共和国山東省煙台市経済技術開発区長江路120

・ 電話: イオンモール煙台金沙灘(国番号86)535-6957999(代表)
イオン烟台金沙灘店(国番号86)535-6950906(代表)

・HPアドレスhttp://yantaijinshatan.aeonmall-china.com/

・責任者:イオンモール煙台金沙灘 ゼネラルマネージャー 大矢 憲和
イオン煙台金沙灘店 店長 黄 鑫(huang xin)

・出店店舗数:専門店数 約220店舗

・核店舗:イオン煙台金沙灘店

・サブ核店舗: 中影国際影城、UNIQLO、卡通尼、孩子王、尚悦書房、三福百貨、运动先锋(Sports Master)、Molly Fantasy、亜恵美食広場

・敷地面積:約93,000平方メートル

・延床面積:約188,000平方メートル

・総賃貸面積:約72,000平方メートル

駐車場台数:約2,700台

・建物構造:RC造 地上4階 地下1階

・管理運営会社:永旺夢楽城(煙台)商業管理有限公司

・開店日:2018年5月25日(金)9:00グランドオープン

・営業時間:専門店 10:00~22:00
シネマコンプレックス 10:00~24:00
イオン煙台金沙灘店  8:00~22:00

・休業日:年中無休

・従業員数:ショッピングモール全体 約2,000名(内、イオン煙台金沙灘店約120名)

・基本商圏:車20分圏 約75万人 約28万世帯

以上

配信元企業:イオン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ