ワシントン州控訴裁判所が2018年5月15日、故カートコバーンの自殺現場写真開は認められないとする判決を言い渡した。

 KING5-TVが報じたところによると裁判所は、コバーンの写真ワシントン州の公文書法の対外であるとし、開することは“(アメリカ合衆国憲法)修正第14条で保されたコバーンの権利の適正手続きを侵する”との判決を下した。

 コバーンの妻コートニーラヴと、父親が亡くなった時まだ幼児だったフランシスビーンコバーンは写真開されないよう申し立てを行っていた。

 シアトル在住のジャーナリストリチャード・リーが写真開示を請していたが棄却され、控訴していた。リーは1994年に亡くなったコバーンの死因自殺ではなく他殺であったと明するために55点の写真開をめていた。

故カート・コバーン、自殺現場写真の公開認めない判決