新しい産業の世界とAIの仕組みを佐々木俊尚氏が解説!
「AIとビッグデータ、そして第4次産業革命が変える産業の未来」
2018年6月28日(木)19:00 於 JRゲートタワーカンファレンス 開催決定
https://pe-bank.jp/anket/event/20180628ai

 ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・櫻井 多佳子)は2018年6月28日(木)、新たな産業の世界をわかりやすく解説する「AIとビッグデータ、そして第4次産業革命が変える産業の未来」を開催いたします。


 昨今、人工知能(AI)やロボットなどの機械が産業を大きく変革する「第四次産業革命」が話題になっています。ものづくり大国とよばれる愛知県の製造業においても、AIを備えたロボットにより生産性が飛躍的に向上し、「新しいモノづくり」が急速に進んでいます。中でも自動車系の開発においては、 AI・IoTビッグデータ等の技術や概念により、単なる生産効率改善だけでなく、性能向上から安全性の追求、それらの根幹となる部品サプライヤーを含んだ業界間の品質マネジメントシステムの構築に関して、産業構造に変化が起きています。

 この背景を受けてPE-BANKでは、名古屋を中心とする中部地域で開発に従事するITエンジニアを対象に、 「AIとビッグデータ、そして第4次産業革命が変える産業の未来」を実施いたします。

 本イベントでは作家・ジャーナリスト 佐々木俊尚氏をお招きし、第四次産業革命が生み出した新しい産業構造、AIの仕組みについてわかりやすく解説していただきます。IoTやAIが実現させた新しいシステムがもたらす、今後実現が予想されるO2O(オンラインからオフライン)よりもさらに高度なOMO(オンラインとオフラインの融合)など、未来の展望についても語っていただく予定です。

 全国9拠点を構えるPE-BANKでは今後も、各地のITエンジニアを対象にスキルアップの機会を提供してまいります。

イベント概要
日  時    : 2018年6月28日(木) 19時00分~21時00分(開場18時30分)
会  場    : JRゲートタワーカンファレンス
         (JR名古屋駅直結 JRゲートタワー 16F)
主  催    : 株式会社PE-BANK  ※参加費無料
申し込みURL  : https://pe-bank.jp/anket/event/20180628ai

【講演概要】
「AIとビッグデータ、そして第4次産業革命が変える産業の未来」

私たちの生きている現実空間からIoTによってありとあらゆるデータを収集し、人工知能(AI)でビッグデータ分析を行い、それを企業側のプロセスへとフィードバックする。
第四次産業革命はそのような新しいシステムを生み出しつつあり、これはカスタマイズ革命や流通革命をも伴って、O2O(オンラインからオフライン)よりもさらに高度なOMO(オンラインとオフラインの融合)を実現しようとしています。
新しい産業の世界を概観し、理解の難しいAIのしくみについてもわかりやすく解説します。

<登壇者プロフィール

佐々木 俊尚 (ささき としなお)氏
作家・ジャーナリスト


1961年兵庫県生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。毎日新聞社などを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆している。
最新刊は「広く弱くつながって生きる」。「そして、暮らしは共同体になる。」「キュレーションの時代」など著書多数。電通総研フェロー。総務省情報通信白書アドバイザリーボードTOKYO FMタイムライン」MC。NHK Eテレ「世界へ発信!SNS英語術」、文化放送ニュースマスターズ」レギュラー出演。

株式会社PE-BANK 会社概要】
会社名  :株式会社PE-BANK
代表者  :代表取締役社長 櫻井 多佳子
本社所在地:東京都港区高輪2丁目15番8号 グレイスビル泉岳寺前
設立年月日:1989年5月1日協同組合として)
資本金  :3億1,295万円
URL   :https://pe-bank.co.jpコーポレートサイト
      https://pe-bank.jp (サービスサイト
事業内容 :フリーランスITエンジニアブランド化プラットフォーム事業

【中部支店 概要】
中部支店では名古屋市を拠点に、愛知県岐阜県三重県静岡県西部の案件をカバーしています。
常時150名以上のITエンジニアが中部支店に所属しており、製造業を始めとした様々な現場で活躍中です。
2018年5月現在)

所在地:愛知県名古屋市中区錦2丁目18番5号 白川第六ビル3階
TEL: 052-205-8050  FAX: 052-205-8053

配信元企業:株式会社PEーBANK

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ