記録尽くめのシーズン指揮官が明かした走力の重要性

 今季、プレミアリーグを記録づくめの優勝で終えたマンチェスター・シティ。13日に行われた最終節でもサウサンプトンに1-0と勝利して勝ち点は「100」に到達、「106」ものゴールを叩き込み、得失点差「79」は最大となった。そしてアウェーでの19戦16勝、勝ち点50という成績もプレミア新記録と、圧倒的な強さを見せた。

 そのシティを率いるペップことジョゼップ・グアルディオラ監督が、英衛星放送「スカイスポーツ」のサッカー番組「マンデー・ナイト・フットボール」のインタビューで、強さの秘密を明かした。

 グアルディオラ監督は、このタイトル獲得にあたり一番の武器となったのは、どんな素晴らしい個人の技術よりも、選手たちがボールを持っていない時も休むことなく走り続けたからだと言う。

 同監督は「選手たちはボールを持っていない時もトップクオリティーだった。彼らには、世界一弱いチームだと思って、とにかく走るように言い聞かせた。もし走らなければ、試合には出られない。ベンチで私の隣に座るんだ」と話し、どんなことでも許せるが、唯一絶対に許さないことは努力を怠ることだとした。


ボールを持っていない時に「どのような走りをするか」に注目

 また「サッカーでは走らなければならない。人々はいろんなことを言うが、我々はフィジカル面で常に良い。それが我々の強さの秘密の一つだ。戦術、スピリットだけでなく、走る努力をすること」と続けた。

 圧巻の強さで今季を終えた指揮官は、来季に向けて連覇のために選手たちのハングリー精神がまだ残っているかどうかを注意深く観察しているという。「一つのチームが連覇を果たしてからかなりの時間が経っているということは、それが難しいということだ」としながらも、「目標は目の前にある。勝つことだ。バルセロナバイエルン・ミュンヘンで最初の優勝を挙げた時もそうだったが、ボールを持っていない時にどのような走りをするかに注目している。謙虚なチームでいるかどうか、情熱を持ったチームであるかどうかを見る」と述べた。


Football ZONE web編集部)

プレミアリーグ新記録となる勝ち点100で優勝を果たしたシティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】