株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区、代表取締役社長執行役員:千田朋介、以下、エクサ)は一般社団法人ブロックチェーン推進協会(代表理事:平野洋一郎、インフォテリア(株) 代表取締役社長、以下 BCCC)で5月8日に開催された第1回ブロックチェーンアプリコンテストにおいてグランプリとなるBCCC賞を受賞しました。

第1回ブロックチェーンアプリコンストでは、仮想通貨ポイントではないアイデアに基づく独自のブロックチェーンアプリを開発、プレゼンテーションを実施。加盟企業5社がエントリーし、様々なアプリが発表される中、エクサの開発したアリバイ証明アプリ「白いアリバイ」がグランプリとなるBCCC賞を受賞しました。
「白いアリバイ」は『いま、どこにいるか』をブロックチェーンに記録することで、改ざんできないというブロックチェーンの特性を用い、その人が『いつ、どこに』いたのかを証明できるアプリです。

この度のグランプリ受賞は仮想通貨「じゃない」というテーマで、ブロックチェーンだからこそできる事は何か、という視点にこだわったアイデアを評価いただきました。エクサの金融開発本部 金融ソリューション部では、今回の経験を活かし、新たなブロックチェーンの可能性を見いだせるよう取り組んでまいります。
■「一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)」とは
ブロックチェーン技術はフィンテック(金融 IT 革命)の中核技術として注目を集めるだけでな く、業界を問わず情報システムの進化に大きな貢献をもたらそうとしています。しかしながら、 現在国内のブロックチェーン技術開発と実証実験は世界に対して遅れを取っていないにもかかわらず、その実績や技術情報が共有されていないため適用領域がほんの一部に留まっています。そこで、本会は、ブロックチェーン技術の未来を確信する国内有志メンバーが、相互に情報交換、 切磋琢磨しながら、ブロックチェーンの普及啓発を行い、自らブロックチェーンの適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与することを目的とします。さらに、世界のブロックチェーン団体とも連携し、その情報を国内で配信するほか、本会で培われた技術と経験は、ブロックチェーン先進国として日本から世界へと向けて発信します。

■「ブロックチェーン技術」とは
ビットコインの中核技術として発明された、ピア・ツー・ピア方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能セキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。
株式会社エクサについて
設立年月:1987年10月
資本金:1,250百万円
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を親会社に持つIT企業です。情報システムのコンサルティングから、企画・設計・開発・構築・運用・保守、アウトソーシング及びクラウドまでの各種サービスを統合的に提供しています。
URLhttp://www.exa-corp.co.jp/

※ BCCCは、一般社団法人ブロックチェーン推進協会の登録商標です。
※ その他記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標です。

▽本プレスリリースについて
http://www.exa-corp.co.jp/news/001170.html

配信元企業:株式会社エクサ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ