北米時間2018年5月16日Microsoftは,Windows 10搭載PCおよびXbox Oneシリーズ用の新型ゲームコントローラXbox Adaptive Controller」を同社直販サイト限定で2018年後半に発売すると発表した。価格は99.99ドル(税別)となっている。
 Xbox Adaptive Controllerは,手に障害を持つユーザーでもゲームプレイできるようにと開発されたコントローラという位置づけ。製品の詳細は北米時間6月12日に開幕するE3 2018で公表予定とのことだが,機能のカスタマイズに対応した巨大なボタンを2個搭載し,机上に置いて使う仕様という時点で,かなりユニークなものに見える。


 Microsoftのプレスリリースによると,障害を抱えるゲーマーひとりひとりのニーズに合わせたゲームコントローラを開発するのは困難であり,結果として高価なものになりがちという問題があったとのこと。そこで同社は,医療機関や障害者支援団体と協力して,さまざまなサードパーティ製入力装置を接続できる,ある種のハブとなるコントローラとしてXbox Adaptive Controllerを開発したという。


 サードパーティとしてはLogitech International(日本ではロジクール)や,障害者向け入力装置メーカーであるQuadStickと協業。両社の入力装置をXbox Adaptive Controller経由で利用できるようにしてあるとのことだ。
 Xbox Adaptive Controllerサードパーティ製入力デバイスへの機能割り当てはアプリXbox Accessories app」から行えるとのことである。


 Microsoftによると,Xbox Adaptive Controller対応入力デバイスに関する情報は,今後,Xbox公式Webサイトで発信される予定とのこと(関連リンク,原稿執筆時点ではアクセスできず)。本製品の国内販売が行われるかどうかは分からないが,ぜひ国内でも入手できるようにしてほしいものだ。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

リンクMicrosoftによる当該プレスリリース(英語)


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/999/G999902/20180517026/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

Microsoft,障害者のゲームプレイをサポートする新型ゲームコントローラ「Xbox Adaptive Controller」発表