5月26日と27日に東京・六本木エリアで開催される『六本木アートナイト2018』の追加プログラムが発表された。

2009年から開催されている『六本木アートナイト』。今年は「街はアートの夢を見る」をテーマに据え、現代アートデザイン、音楽、映像、パフォーマンスなど80以上のプログラムを用意している。

追加発表されたのは、海外招聘の大型パフォーマンスインスタレーションなど5作品。初来日となるドイツシュトゥットガルトを本拠地とするパペットシアターカンパニーDUNDUが、5メートルにおよぶ発光する巨大パペットパフォーマンス『DUNDU~光の巨人~』を実施するほか、オノ・ヨーコ2011年に森美術館の『MAMアートコース2011 第13回:オノ・ヨーコ―希望の路』で描いた書『夢』のバナー展示および蓄光インクを使用したシールの配布が行なわれる。

さらにオランダ出身のダーン・ローズガールデによる音や光、色を介してインタラクティブな体験ができる大型作品『マーブルズ』、宇治野宗輝によるレクチャパフォーマンス、布製のバッグを持った男とそのバッグを奪い取ろうとする男の格闘の中で擦り切れたバッグを展示するJART『ひったくられ続けるバッグ』が展開。

またイベント開催に先駆けてプレプログラムも順次スタート。詳細は『六本木アートナイト2018』のオフィシャルサイトで確認しよう。

DUNDU by Tobias Husemann