ホラー人気作家スティーヴン・キングと、その息子でやはりホラー作家のジョー・ヒルによる共作小説「In the Tall Grass(原題)」をNetflixが映画化することを、米Deadlineなど複数のメディアが報じた。

【関連記事】『IT/イット』に続け!? スティーヴン・キングの息子が手掛けたホラー小説を米AMCがドラマ化

「In the Tall Grass」は2012年に米Esquire誌で掲載され、のちに電子書籍として出版された小説。3日間の大陸横断ドライブの途中、姉のベッキーと弟のキャルは、丈の高い草が生い茂るカンザス州の広大な地帯で、助けを求める少年の声を耳にする。しかしその草原はいったん足を踏み入れたら最後、出口の見つからない世界だった...というストーリー

報道によれば、ジェームズ・マースデン(『ウエストワールド』)が主要な役で出演交渉中とのこと。また、脚本・監督を務めるのは、密室ホラー映画の秀作『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ。製作を担うのは、スティーヴン・ホーバン(『スプライス』)、ジミー・ミラーならびにM・ライリー(どちらも『ラザロエフェクト』)。カナダトロント市で今夏に撮影がスタートする予定だ。

キング作の小説をNetflixが映画化するのは、『Gerald's Game(原題)』『1922(原題)』に続いて3度目となる。(海外ドラマNAVI

【祝】メーガン・マークル結婚おめでとう!【会員になって応募しよう】『SUITS/スーツ』シーズン6 DVD-BOXが当たる!ご応募はこちらから

Photo:これまで『アンダー・ザ・ドーム』『デッド・ゾーン』『ヘイヴン』『ミスターメルセデス』といったドラマ化された作品があるスティーヴン・キング
(C) FAMOUS