海上自衛隊P-1哨戒機は国産機ですが、仏独のエアショーに展示したのは、もちろん輸出の目を探るためです。とはいえ、そこには世界各国の思惑が渦巻いており、一筋縄ではいきません。現状を解説します。

国産哨戒機P-1、欧州の空へ

2018年4月25日から29日までドイツベルリンで開催された「ILA2018 ベルリンエアショー」(以下ベルリンエアショー)に、海上自衛隊P-1哨戒機 2機が参加しました。哨戒機とは、おもに潜水艦を発見、攻撃するのに用いられる軍用機のことで、固定翼機はもちろん、回転翼機(ヘリコプター)の哨戒機もあります。

防衛省P-1の「ベルリンエアショー」への参加目的を「諸外国との防衛装備・技術協力の進展を図る」ためと説明していますが、実のところ今回の「ベルリンエアショー」への参加には、ヨーロッパ諸国に対するP-1の輸出を促進するという目的があると見られています。

ヨーロッパ諸国では運用している哨戒機の老朽化に加え、ロシアの脅威が顕在化してきたこともあって、新型の哨戒機の導入を検討している国が少なくありません。イギリスノルウェーボーイングP-8A哨戒機の導入を決定していますが、老朽化が進むダッソーアトランティック」哨戒機を運用するフランスや、P-3C哨戒機を運用するドイツといった国々は、現時点でどのような新型哨戒機を導入するかを決めかねています。そこで防衛装備品の輸出を進めている日本政府はP-1ヨーロッパ諸国の次期哨戒機に提案していく方針を定め、P-1アピールするために、「ベルリンエアショー」へ派遣したというわけです。

P-12017年6月にフランスで開催された「パリ航空ショー」にも、同じ目的で参加しています。

「パリ航空ショー」ではフランスマクロ大統領をはじめとするVIPが多数視察に訪れたほか、防衛装備品の輸出入を担当する防衛装備庁が開催した、外国の防衛関係者とメディア向けの説明会にも、多くの取材陣が集まりました。筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)はこの説明会に参加する機会を得ましたが、参加した方々は、P-1が世界で初めて導入した、電線の代わりに光ファイバーを使って信号を送り機体を制御する「フライ・バイ・ライト」をはじめとするP-1の技術に対して、高い関心を示していました。

仏独が独自の道を模索するふたつの理由

「パリ航空ショー」では地上展示のみが行なわれましたが、「ベルリンエアショー」ではデモ飛行も行なわれており、おそらく「パリ航空ショー」の時よりも、さらに注目度は高かったのではないかと思います。

同じNATO北大西洋条約機構)に加盟するイギリスノルウェーP-8Aの導入を決めたにもかかわらず、フランスドイツP-1をはじめとする、別の哨戒機の導入を模索しているのには、ふたつの理由があります。

P-8Aを導入する場合は、搭載する電子装置なども含めて丸ごとアメリカから導入しなければなりませんが、航空機に搭載する電子機器などのトップメーカーであるタレスを抱えるフランスにとって、これは容認するのが難しいといえます。またフランスは哨戒機の「キモ」と言うべき、独自に収集した潜水艦の音紋などのデータベースの統合にアメリカ企業が関与することを、機密保持の観点から好んでいないようです。

もうひとつの理由はP-8Aが、ボーイングベストセラー旅客機である「737」をベース機としている点にあります。民間機市場においてボーイングの最大のライバルであるエアバスは元々、フランスドイツが出資して設立された企業です。同社の単通路型旅客機A320シリーズは、同じ単通路型旅客機の「737」と市場で激しいつば競り合いを演じています。

現在のエアバスは完全な民間企業ですが、仏独の経済において大きなウェイトを占めています。雇用の確保の面でも、また民間機市場に与えるイメージの面でも、フランスドイツが軍用機型とはいえ、ボーイング737ベースに開発されたP-8Aの導入を避けたがるのは、当然のことと言えるでしょう。

P-1はやっぱり売れないかもしれない大きな理由

現時点でP-8A以外には、フランスダッソー・アビエーションがビジネスジェットの「ファルコン900」をベース機とする哨戒機「ファルコン900MPA」、エアバスのC295輸送機ベース機とする「C-295MPA」、リージョナル旅客機のATR-72をベース機とする「ATR72MP」などが候補機となりますが、フランスドイツの両海軍はこれらよりも飛行性能の高い哨戒機を求めているようです。

そこで最初から哨戒機として開発されているため能力的には申し分がなく、フランスドイツメーカーが開発した電子機器などの搭載が可能なP-1が、候補として浮上してきたというわけです。

ドイツフランスは新型哨戒機を共同開発することで一致していますが、ロイターは日本政府関係者がこの新型哨戒機のベース機にP-1を提案するため、ドイツフランスの国防当局に接触したと報じています。

ロイターはさらに、日本政府関係者が「スペインなどほかの欧州諸国が導入したとしても調達数が限られるだろうから、(機体そのものを輸出するよりも)P-1の技術を生かすほうが効率的だ」と語ったと報じており、これは一理あるのですが、実際にP-1が新型哨戒機のベース機として採用される可能性は、あまり高くないのではないかと筆者は思います。

その理由のひとつは、P-1の動力である「F7-10」ターボファンエンジンにあります。

F7-10は強度の高いチタン合金などを多用したことで、塩害による腐食や鳥の衝突(バードストライク)による損傷を受けにくく、低騒音かつ環境性能にも優れたエンジンですが、P-1のほかに採用している航空機はありません。もしヨーロッパ諸国にP-1が採用された場合、エンジンメーカーIHIが独自にサポート網を構築しなければなりませんが、それは容易なことではありません。

欧州諸国の哨戒機、最有力候補は…?

エアバス2018年2月に開催された「シンガポールエアショー」で、A320シリーズの最新型「A320neo」をベース機とする洋上哨戒機を開発する構想を示しています。

旅客機であるA320 neoベース機とする洋上哨戒機は、やはり旅客機である737をベースとしているP-8Aと同様、洋上の低空飛行能力ではP-1に及ばず、潜水艦の発する磁気を探知する「MADブーム」を装備しない可能性が高いことから、潜水艦の捜索能力でもP-1より劣るものになると考えられます。

かしこれまでに4500機以上の受注を獲得しているA320neoベース機とした場合、すでに構築されているエンジンを含めた部品のサポート網が活用できますし、フランスドイツ両国の雇用の確保、ライバルボーイングに対するアピールといった点などから、フランスドイツはもちろん、2017年7月に新型哨戒機の導入で両国との協力協定を締結したスペインギリシャカナダといった国々も、この哨戒機を導入する可能性が高いと筆者には思われます。

このようにP-1ヨーロッパ諸国への輸出の道のりは厳しいものですが、「ベルリンエアショー」と「パリ航空ショー」で、P-1が日本の航空技術力の高さを示したのは間違いありません。またショーに参加したP-1の乗員の方々が、アメリカ以外の国々の技術のトレンドに接する絶好の機会となったことも確かですし、今後も積極的に海外の航空ショーに参加して欲しいものです。

【写真】「ゴジラ」も探した対潜哨戒ヘリ、海自SH-60K

海上自衛隊のP-1哨戒機(画像:海上自衛隊)。