ブリヂストンが、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けたポリマーの開発に成功。その特徴から、たとえばタイヤの次世代材料として有望といいます。

名前は「High Strength Rubber」

ブリヂストン2018年5月17日(木)、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー「High Strength Rubber」(HSR)の開発に成功したと発表しました。

同社によるとHSRは、ブタジエンやイソプレンなどの合成ゴム成分とエチレンなどの樹脂成分を、独自の改良型Gd触媒を用いて分子レベルで結び付けること(共重合)により開発したハイブリッド材料。一般的な合成ゴムより耐破壊特性が高い天然ゴムと比較して、耐亀裂性が5倍以上、耐摩耗性が2.5倍以上、引張強度が1.5倍以上の性能を有するといいます。

HSRはゴムのしなやかさと樹脂の強靭さを兼ね備えることから、たとえばタイヤの次世代材料として有望であり、より少ない材料使用量でタイヤに求められる様々な性能を達成できる可能性があるとしています。

また、タイヤ以外の製品へのHSR適用についても積極的に検討を進めていくとしています。

樹脂とゴムのハイブリッド材料「High Strength Rubber」(画像:ブリヂストン)。