主将を務めた11年W杯を最後に一度は代表を引退も、エディー・ジョーンズ氏に請われ復帰

 昨季限りで現役を引退した元日本代表主将の菊谷崇氏が、自身の現役生活を振り返ると共に、2019年日本でW杯を戦う、桜の戦士たちへエールを送った。

 インタビューの後編では、一度代表のユニホームを脱いだ男が再びジャパンに復帰するまで。そしてあの2015年大会で快進撃を繰り広げた日本代表に根付いていた“日本の誇り”についても語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 2011年ニュージーランドでのW杯ではキャプテンを務め、当時史上最強と言われた日本代表をけん引した菊谷崇氏。一度は代表引退を決断したが、そこから再び桜のジャージに身を包むことになった。その裏にはやはり“あの人”の存在があった。

エディーさんから電話をもらって、もう一度体を作って、代表に戻れるかと聞かれました。『新しいチームで試したい。もう一度練習してから、こちらに来ないか。もう一度頑張ってみるか?』と。気持ち的には、一度代表引退を決意していたので、もう一度上げていくのは簡単ではなかった。その時は2012年でやめようと思っていたのですが、今よりは若かったので期待されることに対して、すごく嬉しく、喜びを感じて、スイッチをもう一度入れましたね」

 再招集されたのは、2012年の6月。ニュージーランドでのW杯から半年以上が経過していた。菊谷氏は当時32歳。その経験値は、まだまだ現場にとっても必要なものだった。

「求められたものは一言でいうと経験。僕が合流してハードワークしているところをみんなが見る。若いリーダーたちをサポートする。キャプテンが広瀬俊朗、グラウンド(の主将)が五郎(丸)、僕がグラウンド外(の主将)。役割が明確だったのですごくやりやすかった」

 エディジャパンではチーム全体、グラウンド内、そしてグラウンド外と細かくリーダーを立てた。これにより、チーム作りはスムーズに進み、またチームワークも強固なものになっていった。

「前体制の時はキャプテンで、チームを作り上げるのは自分たちだったんですけど、エディーさんの時は、荒木さんというメンタルコーチが入っていました。荒木さんは、最初はチーム全体をケアするというよりは、リーダー陣に対してのケアでした。僕と広瀬と五郎と、あとはリーチが(グラウンド内外の)つなぎ役のリーダーだったので、そこにしか荒木さんは関わってなかったんです」

日本代表へのロイヤリティを感じてもらうために「みんなで君が代を練習した」

 エディジャパンが、メンタルコーチとして招いた荒木香織さんの存在は、2015年W杯の快進撃の立役者として広く知られるようになったが、最初に荒木さんと密にやりとりをしていたのはリーダー陣だった。菊谷氏にとっても、エディジャパンでの活動の中で、また新たな価値観が生まれたという。

「例えば国歌を歌う――。そういうところからですね(笑)ラグビー文化を高めていくには、何をしたらみんなが憧れてくれるのか、とか。ラガーマンとして試合をするのはもちろんですが、他になにかできることがあるのではないか。そういうサポートですね。実際の行動として、どうすれば誇りを持てるようになるのか、日本代表へのロイヤリティを感じてもらえるのか。そういう活動の必要性を今までより強く感じるようになりました」

 ラグビーの代表チームは一種独特だ。生粋の日本人だけではなく、条件を満たせば、国籍を問わず代表入りすることができる。これは日本に限った話ではなく、協会単位でチームが作られるためだ。だからこそ、より“日本”と国家を意識させることが重要になってくる。

「国籍問わず国歌の練習もしましたよ。練習しないと歌えないので(笑)。外国の選手たちには、まずは国歌の意味を理解してもらうところからスタートしました。最初にみんなで歌おうと言ったのは五郎かな。リーチサポートして、4年間ずっと練習していました。W杯の時には『外国人も歌っています!』という反響があったんですよね。毎週水曜日、夕食後のミーティングの最後に練習ですね。外国人選手は最初、手に書いてカンニングしてました(笑)。いい文化ですよね。それを今度は僕が教えているユース世代の選手につなげています。高校代表の選手たちも、君が代の練習もしていますね。僕が代表にいたので、コーチとして、経験者として伝えられるのは大きいですよね」

15年W杯で話題になったモチベーションビデオの製作者が菊谷氏

 社会現象にもなった15年のW杯では、グラウンド外の様々なことが話題になった。試合前に選手が鑑賞したというモチベーションビデオもその一つだ。その映像を作った張本人が実は菊谷氏だった。意外と知られていない当時の“裏側”を明かしてくれた。

「最初に広瀬から『思いを伝えられるようなものはありませんか?』とトップリーグの選手会にオファーが来て、まずは元代表の選手を中心にビデオを撮りましょうという話になりました。それを編集せずに(広瀬に)送ったんですけど、みんな忙しいし、『これ誰が編集するの?』って話になって。じゃあ、つなげておくよって、ただそれだけです(笑)最初はそれで良かったんですが、そうしたら広瀬から『キクさんあれ、めっちゃよかったですよ!』。だから次の試合も見せたいと、逆にオファーが来たんです。でも期待には応えたいから、次はデータ集めから。最後は選手の今までの写真をつなげて送って、“もうネタ切れや……”と(笑)。色々な選手に携帯で送ってもらって、それをつないでいく。最後は大変でしたね」

 本人は恐縮するが、菊谷氏の献身的な編集作業の甲斐もあって、日本は快進撃を続けた。そこに至るまでの過程のほとんどに携わっていた菊谷氏にとっては、決して奇跡ではなかった。

「その過程に携わっていたので、最後の、ラスト1年でハードなことをして、今まで(の結果)と一緒なはずがないですからね。それくらいのハードワークを全員がしていましたからね」

 菊谷氏自身は、2014年を最後に桜のジャージを脱いだ。W杯の1年前。もう一度、あの大舞台に立ちたいと思わなかったのだろうか。そしてなぜ代表を離れる決断に至ったのか。

再び日本中が熱狂に包まれるには「簡単に言えば勝つしかない」

「そういう(もう一度)という気持ちがなくなってしまって…。メンタル、肉体的にももう限界だなと感じました。葛藤はなく、満足していました。荒木さんとも話をして、『もう十分やったよね』と。エディーさんからは(2014年の)11月の遠征の前に電話をもらって『15年(のW杯)へ向けてのプランを考えましょう。ミーティングしませんか』そういう話をしてもらったんですが、『僕にはもう必要ないです』と、そういう感じで答えました」

 2015年のW杯以降はラグビー人気が爆発。独特のルーティーンが話題になった五郎丸歩(現ヤマハ発動機)の“五郎丸”は流行語にもなった。しかし時間の経過と共に、また元の人気に落ち着きつつある。2019年の日本開催のW杯へ向けて、どうすれば再びあの熱狂を取り戻せるのだろうか。

「現状は元通りですね。簡単に言えば勝つしかない。地方の自治体の人も、ラグビーを盛り上げようとしている。そういうところと勝利がつながっていけば、またラグビーが盛り上がると思います」

 そして桜の戦士たちにもエールを送った。

ラグビー界を盛り上げるには、今年の日本代表の結果が大事。どのスポーツ日本代表という肩書がある以上、勝たないといけない。今の代表の中身をすべてわかっているわけではないので、なんとも言えないところはありますが、今はサンウルブズに代表選手が多く、加えて桜のジャージも着て、スケジュール的に難しい中でやっている。トップリーグもある。家族から離れる時間も長い。移動距離も増えてくる。そういうものを乗り切るハードさも必要になってきます。全員が勝てるわけではないですが、4年に一度の祭典へ向けて、勝つためにみんな努力をしている。そういった選手たちを応援していきたいですね」

 盛り上げるには、勝つしかない――。シンプルなメッセ―ジ。ハードスケジュールをこなしている分、精神面、体力面の疲れは計り知れないが、一方で経験値も過去にないほどのものを積んでいる。“日本の強さ”を身をもって知る男は、心から日本代表を応援している。(THE ANSWER編集部)

元日本代表主将の菊谷崇氏【写真:編集部】