世界的な自動車部品サプライヤー、ヴァレオは、2018年5月23日(水)から25日(金)までパシフィコ横浜・展示ホールにて開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー2018」に6年連続で出展します。 今年のヴァレオブースでは、レーザースキャナーSCALA(R)の最新モデル 「ヴァレオSCALA 2」を世界で初めて展示します。また、ヴァレオは、AI 3D認知技術、3Dジェスチャーユーザーインターフェーススマートフォン遠隔操作が可能な空気清浄器、高出力電動ドライブシステムを日本で初披露します。これらのヴァレオの最新テクノロジーは、車の電動化、自動運転、そしてデジタルテクノロジーによる新しいモビリティの形成という、自動車産業における3分野での革命の中心となるイノベーションです。

レーザースキャナー SCALA 2
ヴァレオは、レーザースキャナー 「ヴァレオSCALA 2」 を初展示します。SCALA 2は、2017年ドイツプレミアムブランドの車に搭載され2018年のPACEアワードを受賞したレーザースキャナー SCALAの最新モデルです。新型SCALA 2 は、現行品に比べて垂直方向の視野角が3倍広くなり、路面表示の読み取りなどへの活用が可能になります。また、広い視野を幅広い角度で、高解像度かつ正確に検知することができ、昼も夜も、低速でも高速でも機能し、静止物も動く対象物も、あらゆる障害物を検知します。ヴァレオ SCALA 2 は、高度な自動運転を実現するためのキーデバイスとなるでしょう。
AI 3D認知技術
AI 3D認知技術は、ディープラーニングを活用した画像認識により、自動運転に必要となるさまざまなタスクを実現するソリューションです。ハイダイナミックレンジ (HDR)、メガピクセル、視野角190˚の魚眼レンズを用いた360˚検知を行い、高精度な物体検知と姿勢推定を行います。自動駐車や自動運転での重要なデータとなる車の全周囲にある対象物の位置とサイズと、それぞれの移動方向を認知することができます。
3Dジェスチャーユーザーインターフェース
3Dジェスチャーユーザーインターフェースは、安全性を高めながらステアリング周りのデザインを一新するヴァレオからの新提案です。3D ToFカメラにより、ユーザーの手や指の動きを3次元で検知し、ジェスチャーを精度よく認識することができます。また、ステアリングホイール上の仮想スイッチでの操作が可能となり、ドライバースイッチを見たり探したりする必要がなくなるため、安全で使い易いユーザーインターフェースを実現します。

センサークリーニング
センサーが正確に作動するためには、視野をクリアに保つことが重要です。信頼できる情報を得るためには、あらゆる状況でセンサークリーンにしておかなくてはなりません。ヴァレオは、フロントカメラ、サラウンドビューカメラ、リアカメラレーザースキャナーなどさまざまなセンサーを、シーズンや状況に対応して洗浄するセンサークリーニングをコンポーネントからシステムまで提案しています。ヴァレオの設計したシステムは、洗浄液の使用量を抑えつつ、安全性と快適性を提供します。

ヴァレオは、個々人が車内でより快適に過ごせるようにするという課題に取り組んでおり、車室内の空気をきれいに保つイノベーションを提供しています。
ヴァレオの画期的な空気清浄器モジュールは、微粒子や有毒ガスの98%を捕捉する高効率フィルター、車室内の空気をクリーンに保ち消臭する高性能イオン発生器と、車内外の空気の状態を検知しその情報をリアルタイムで送るセンサーに接続された清浄器という3つのデバイスで構成されます。ドライバーは車に乗る前に自身のスマートフォンによる遠隔操作で空気清浄器を作動させて、車室内の空気をあらかじめきれいにすることもできます。



PM 2.5 センサー
クリーンで健康的な車室環境を保つために、ヴァレオはPM 2.5 センサーも開発しています。PM 2.5 センサーは、微小粒子状物質を検知し、車室内外の空気質レベルリアルタイムで知らせるとともに、フィルターの寿命を保つために内気循環モードに切り替えます。クラウドに接続することにより、この情報を他の接続されたユーザーと共有することもできます。

今年の人とくるまのテクノロジー展で、ヴァレオは廉価な48VテクノロジーとヴァレオシーメンスeAutomotiveによる 60V以上の高出力ソリューションの2つの電動化ソリューションを展示します。
48V 電動リアアクスルドライブ
将来のモビリティの提案として、ヴァレオは今年のCESで低電圧(48V)フルEVカーの試乗デモンストレーションを行いました。このデモカーに使用されている48V 電動リアアクスルドライブは、単独で街乗り用低速EV向け電気駆動モーターとしても使用できます。ヴァレオの48Vソリューションは、マイルドハイブリッドから低速EV向けまで、あらゆるタイプの車両に搭載可能です。

高出力電動ドライブシステム
ヴァレオシーメンス eAutomotiveは、高出力電動ドライブシステムを開発しました。これは電動モーターにインバーターと減速機を組み込み、車両の燃費を悪化させることなくパワーを与えます。一例として、4x4トランスミッションに従来必要であった機構部品を使わずに4WDを実現することもできます。高出力電動ドライブシステムは、幅広い出力レンジとさまざまなドライブトレインに搭載できる統合電動ドライブシステムです。
水冷バッテリークーラー
ヴァレオはまた、EV充電時間の短縮と電池寿命の延長に必須のバッテリークーラーを円筒型電池に対応させたEV用水冷バッテリークーラも出展します。これは、円筒型のリチウムイオン電池のセル間のスペースを活用してバッテリークーラーをパッケージングしたもので、電池セルの表面へ波型のクーラーを密着させることにより接触面積を最大化し、冷却効率をフルに引き出します。




自動車技術展:人とくるまのテクノロジー2018 ヴァレオ 展示ブース: 351番
ヴァレオ記者会見: 5月23日(水)午前9時00分~9時15分 ブースにて開催


ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。2017年度のヴァレオグループの売上高は186ユーロであり、OEM売上の12%を研究開発に投資しました。ヴァレオは、33カ国に184カ所の工場、20カ所の研究センター、35カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約111,600人の従業員を擁しています(2017年12月31日現在)。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。
日本におけるヴァレオ
ヴァレオの日本における歩みは、1985年12月の日本法人設立から始まりました。主要な自動車メーカーが本拠地を構える日本は、ヴァレオグループにとって大変重要な国です。現在、株式会社ヴァレオジャパン、ヴァレオカペックジャパン株式会社、市光工業株式会社からなる日本のヴァレオグループ3社は、日本国内に17カ所の生産拠点、7カ所の研究開発センターを構え、約6,145名の従業員を擁しています。

配信元企業:株式会社ヴァレオジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ