東芝デジタルソリューションズ株式会社は、現場作業をAR(拡張現実)で支援するソリューション「Meister AR Suite」の提供を開始しました。設備のオペレーションやメンテナンスなど、現場作業で課題となっている業務の効率化や、熟練作業者の技術継承などをAR技術で支援します。


(ARコンテンツジェネレータ・画面イメージ

技術承継困難など、現場作業の課題をARで対応

東芝デジタルソリューションズは現場作業の課題として、熟練作業者の高齢化・減少により新たな人材の確保・育成が必要となっていることを挙げています。

新たな人材の育成において、現場作業の内容が作業頻度がまちまちで、技術を次の世代へ継承するには時間を要すること、経験が少ない作業者は点検方法や点検箇所を把握しにくいこと、といった課題があります。さらにマニュアルの整備不足や更新が追いつかないなど、現場作業者のスキルアップは様々な面で難しくなっています。

このような課題に対応するため、同社はものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」の新たなラインナップとして、現場作業のデジタル化ソリューション「Meister AR Suite」の提供を開始します。

「Meister AR Suite」の特徴

「Meister AR Suite」では、作業用タブレットが対象設備を認識すると、作業箇所や手順がARで表示され、音声や動画でガイドされます。これにより、経験が少ない作業者でも正しい現場作業をスムーズに行うことが可能。紙のマニュアルを持ち歩く必要も無くなります。ARによるナビゲーション機能により、作業者を施設内の対象設備まで安全・確実に誘導することも可能です。

これらのARコンテンツは、直感的なインターフェースの「ARコンテンツジェネレータ」を用いることで、プログラミングやARの専門知識がなくても簡単に作成・編集できます。

「ARマニュアル」と「ARナビゲーション」の対応OSはiOS10以降、対応機種は9.7インチiPadです。AndroidWindows2018年度中に対応予定となっています。「ARコンテンツジェネレータ」の対応OSはWindows7およびWindows10です。

(「Meister AR Suite」全体イメージ

同社は今後「Meister AR Suite」と、ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」が提供するデータの収集・蓄積・活用機能との融合を進め、顧客のビジネス課題の解決を目指すとしています。

製造現場などの業務支援におけるVR/AR/MR活用事例は、こちらでも紹介しています。

マイクロソフト、HoloLens向け新アプリ 現場の生産性向上へ | Mogura VR

マイクロソフト、HoloLens向け新アプリ 現場の生産性向上へ | Mogura VR

MoguraVR

現場作業に特化 DAQRIの法人向けスマートグラス | Mogura VR

現場作業に特化 DAQRIの法人向けスマートグラス | Mogura VR

MoguraVR

VR/ARを用いて工場での現場作業を効率改善 | Mogura VR

VR/ARを用いて工場での現場作業を効率改善 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)東芝デジタルソリューションズ株式会社 ニュースリリース