株式会社マンダムがコスメブランドGATSBY」デオドラントシリーズプロモーションの一環として、「#ガチ勢応援」キャンペーンを実施。SKE48松村香織須田亜香里古畑奈和が「SKE48ガチ勢サポーター」に就任し、本日5月17日に東京都内で行われた「ガチ勢の日」記念日制定記者発表会に登壇した。

【大きな画像をもっと見る】

「#ガチ勢応援」キャンペーンは、さまざまな活動に“ガチ”で取り組む若者が汗のニオイを気にせずに過ごせるよう、汗をかきやすいシーンや匂いケアのポイントを啓発していくもの。このたびマンダムは日本記念日協会を通じ、5月20日を「5×20=100で、100%で好きなものに熱中して人生を楽しむ日」として「ガチ勢の日」に制定した。

本日のイベントでは記念日登録証授与式などを経て、まくら投げを競技化した「スポーツまくら投げ」のコーナーが「ガチ勢の日」制定を記念して行われた。松村、須田、古畑を交えたこのコーナーでは、らくまっくすピロートークすという「スポーツまくら投げ」の“ガチ勢”である2チームが対決。松村は大将として、古畑はコート外に出たまくらを自陣に戻す役としてらくまっくすチームに加わり、須田は日本で唯一の「スポーツまくら投げ」のインストクターである大塚眞氏と共に実況席に座って試合を見守った。選手がGATSBYの「アイスデオドラントボディペーパー」「スポットデオドラントロールオン」を使って匂いケアを行ってから試合はスタート。熱戦の末、松村と古畑の活躍もあり結果はらくまっくすチームの勝利に終わった。

試合後の囲み取材では、松村が「スポーツまくら投げ」を体験した感想を「思った以上に夢中になって。汗をかくくらい精一杯やりきったので楽しかったです」とコメント。須田は「遠征したときに宿でまくら投げはしますか?」という記者からの質問に「ベッドがある環境のほうが多いんですけど、敷き布団のときはまくらを投げ合ったりはしないまでも、じゃれあったりはしますね。でも今度からまくら投げやっちゃうと思います」と答えたほか、“ガチ勢”という言葉について「『最近の若者は……』みたいに言われる機会が年々増えてきたんですけど、私たちもこんなふうに一生懸命ガチになって取り組める世代なんだよってことを伝えていきたいです」と述べた。

また、昨年8月に握手会での体臭問題についてTwitterファンに呼びかけたことが話題になり、今回の「SKE48ガチ勢サポーター」就任につながった松村は「こういう会見に出させていただくほど広がると思ってなくて。SNSの力にびっくりしました」と話しつつ、「その後1人ひとりが本当に気にしてくれて、握手会の会場に入ったときの空気が本当に変わりましたね」と報告。須田も現在のSKE48の握手会の会場について、「今はSKE48の現場は48グループで一番清潔感があると思います」と自信満々に語った。

6月16日に愛知・ナゴヤドームにて行われる「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」については、昨年の「選抜総選挙」で14位にランクインした古畑が「地元での開催で、ここでランクを落とすわけにはいかないので、みんなとがんばっていきます」と意気込みを述べ、前回選抜メンバー入りを果たせなかった松村は「去年は雨の中沖縄でやったり、結婚宣言が出たりとか波乱の総選挙で。今年も何が起きるかわからないですけど地元を盛り上げて名古屋をいろんな方にアピールできたらいいなと思います。個人的にも選抜入りを目指してがんばります」と決意を表明。昨年自己最高の6位だった須田は、「順調だからこそ油断できないなと思うんですけど、1位争いに食い込んでいきたいです。1位候補には先輩の松井珠理奈さんがいますが、私たちメンバーのガチなぶつかり合いを見ていただけたらいいなと思います」と述べて囲み取材を締めくくった。

なおYouTubeでは、3人がさまざまな“ガチ勢リアル”を紹介する「ガチ勢応援動画」を順次公開。現在「ガチ勢応援『スポーツまくら投げ』」と題した動画を観ることができる。

左から須田亜香里、松村香織、古畑奈和。