ナポリの26歳DFクリバリ、クラブ側はメガオファーが届いた場合のみ放出検討へ

 日本代表6月24日ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガル代表と対戦するが、世界屈指の実力を誇るディフェンスリーダーの移籍金が衝撃の1億ユーロ(約130億円)に設定されたことが分かった、イタリア地元ラジオ局「ラジオ・キス・キス」が報じている。

 リバプールFWサディオ・マネらワールドクラスの実力者を揃えるセネガルで、今最も注目を集めているのがナポリDFカリドゥ・クリバリだ。26歳のストッパーは今季王者ユベントスとの首位攻防戦で、高い打点の衝撃ヘディンシュートを叩き込むなど存在感を放ってきた。

 チェルシーマンチェスター・ユナイテッドアーセナルなどプレミアリーグの強豪が獲得に乗り出していると報じられるなか、ナポリクリスティアーノ・ジウントリ強化部長はメガオファーが届いた場合にのみ放出を検討する方針を固めたという。その移籍金はDF史上最高となる1億ユーロだ。

 2014年夏にベルギー1部ヘンクから775万ユーロ(約10億円)で加入した男は約13倍の移籍金でステップアップを図る可能性が浮上している。

 身長195センチの体格を誇りながら、圧倒的なスピードとフィード力を兼ね備えるクリバリ。国際的なスーパースターを欠き、本大会で下馬評の低い日本代表の総評価額を一人で上回るほどの高い評価を得ている。


Football ZONE web編集部)

ワールドクラスの実力者を揃えるセネガルで、今最も注目を集めてるクリバリ【写真:Getty Images】