アーセナルからシュトゥットガルトレンタル移籍で加入している日本代表FW浅野拓磨が、ハノーファーへ加入することで合意に達しているようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が17日に報じた。

 報道によると、ハノーファー日本代表FW大迫勇也の獲得を狙っていたものの、16日にケルンからブレーメンへ完全移籍で加入することが発表されたため、“プランB”として補強候補に挙げていた浅野の獲得へ切り替えたという。すでに加入は合意に達している模様で、同選手は来シーズンドイツでのプレーを継続することになるようだ。

 現在23歳の浅野は2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへ完全移籍で加入した後、シュトゥットガルトレンタル移籍。昨シーズンブンデスリーガ2部で26試合出場4ゴールを挙げ、優勝と1部昇格に貢献した。そして今シーズンはハネス・ヴォルフ前監督の下では出場機会を得ていたものの、シーズン途中に就任したタイフン・コルクート監督の信頼を得られず。ブンデスリーガ15試合出場(先発は7試合)1得点に終わった。シーズン後半戦は一度も出場機会がなかった。

 なお今回の報道では、ハノーファー加入がアーセナルからのレンタル移籍なのか、完全移籍なのかについては言及されていない。いずれにせよ、浅野がドイツで3シーズン目を迎えることは有力になったようだ。

ハノーファー加入合意と報じられた浅野拓磨 [写真]=VI-Images via Getty Images