今、女子プロゴルファーたちは、石川遼についてのある話題で持ちきりだという?

 今シーズン、石川遼がユニークなパタークラブを使い始めた。ヘッドは赤と黒のカラーリング、通常よりも丸みがあって、“ボテッとした感じ”の新型クラブだ。

「契約するメーカーの新製品を試しに使い始めたんです。色合い、デザインともに強い特徴があるので他のゴルファーたちも興味を示しています」(専門誌記者)

 食いついてきたのが、女子プロたちだ。やはり、女性は新しいものには目敏いようだ。「ワタシも」と、そのド派手な新型パターを使い始めた。

「GW期間の中日クラウン大会あたりから、上田桃子、イ・ボミ、キム・ハヌルらが積極的でした」(前出・専門誌記者)

 評判は良かった。形態がボテッとしているわりには重すぎず、打感も悪くないという。しかし、クラブを変えて優勝できるほどプロの世界は甘くない。食いついてきた女子プロたちは石川が使っているのを見て、長い距離を打つのに適していると思っていたが、そうではなかった。

「もともと、石川はパットが得意な選手。新型モデルを実戦でいきなりテストできたのは彼の技術であり、遊び心です。一発で決まらなくても仕方ない『長い距離』で楽しんで使っていました」(関係者)

 確実に決めなければならない短い距離では、使い慣れたクラブに勝るものはない。この使い分けたところまでは女子プロたちも見ていなかったらしい。成績をビミョ~に落とした女子プロ選手は「石川が悪い」とやっかんでいたそうだ。

スポーツライター・飯山満)

アサ芸プラス