日本最大、いや世界一タイヤメーカーといえるブリヂストンから、『高分子複合体の新合成技術により世界初のポリマー開発に成功』という発表がありました。副題は『ゴムのしなやかさと樹脂の強靭さを兼ね備えた次世代材料』となっています。

詳細画像はこちら

タイヤの約半分はゴムで出来ています。そのゴムは、天然ゴムと合成ゴムで構成されていますが、まだまだ天然ゴムのほうが多めに使われています。それは、天然ゴムのほうが現状の合成ゴムより耐破壊性に優れているからです。つまり、天然ゴムはタイヤづくりに欠かせないもの。しかし、天然ゴムはその名前の通りに天然ですから、農作物となります。ですから安定供給がむずかしい面があり、天然ゴムに代わる合成ゴムの開発はタイヤメーカーにとっては悲願といえる面があるのです。

2016年末には、天然ゴムを超える構造を持つ『分子構造を高度に制御したポリイソプレンゴムの合成に成功』したことをブリヂストンが発表したことは記憶に残ります。その際にキーとなったのが、ガドリニウム(Gd)触媒を使った新製法でした。

今回、発表された『ゴムのしなやかさと樹脂の強靭さを兼ね備えた次世代材料』も、改良したGd触によって生み出されたもので、名前はHSR(ハイストレンジスラバー)と名付けられました。そのポイントは、ゴムと樹脂を合成したことにあります。

合成したといっても、単に混ぜただけではありません。それでは天然ゴム比で、耐亀裂性5倍以上、耐摩耗性2.5倍以上、引張強度1.5倍以上という画期的なゴムは生まれません。

詳細画像はこちら

HSRは改良型Gd触媒によってブタジエンやイソプレンといった合成ゴム成分と、エチレンなどの樹脂成分を分子レベルで結びつけることに成功しました。そして、世界初であり、唯一といえるHSRを生み出したのです。だからこそゴムの柔軟性と樹脂の高強度を両立する新素材を実現できたのです。

現段階では、量産性については検討レベルということですが、天然ゴムを凌駕する強度と耐摩耗性も有していることを考えれば、タイヤの性能を根本から変えてしまうことも期待される、まさに夢の素材の誕生です。

そして、夢の合成ゴム「HSR」の活用については、ブリヂストン一社で考えるのではなく、オープンイノベーションによって理想的な利用法を探っていきたいといいます。それが、ブリヂストンが目指す持続可能な社会の実現につながるというわけです。

(山本晋也)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【関連記事】

ブリヂストンが天然ゴムを超える構造を持つ合成ゴムを生み出すことに成功!
https://clicccar.com/2016/12/14/425913/

ブリヂストンがゴムと樹脂を分子レベルで合成した新世代の材料を発明(http://clicccar.com/2018/05/18/590827/)