視聴率ナンバーワンを誇る米CBSの大ヒットコメディビッグバンセオリー ギークなボクらの恋愛法則』のシェルドン役で知られるジム・パーソンズが、現在出演中のブロードウェイの舞台で怪我をして公演をキャンセルしたことが明らかになった。米Broadwayworldが報じている。

【関連記事】ライアン・マーフィー×マット・ボマー×ジム・パーソンズのタッグはここでも! 1980年代のHIV/エイズ問題を描いた『ノーマル・ハート』

ジムが出演しているのは、『Gleeグリー』や『アメリカン・ホラーストーリー』を手掛ける人気クリエイターライアンマーフィーが共同演出を手掛ける「真夜中のパーティー」という舞台劇。マート・クロウリー原作による本作は、ニューヨークに住むゲイの若者たちの恋愛模様が描かれる作品で、1968年にオフ・ブロードウェイで初演され、1970年にはウィリアムフリードキン監督により映画化もされている。

ジムは12日(土)昼の公演で足の骨を痛め、同日夜と14日(月)の公演をキャンセルした。医師の診断のもとで回復に励み、15日(火)には復帰したそうだ。

同演目の共演者は非常に豪華で、『ホワイトカラー』に主演したマットボマー、『HEROESヒーローズ』や映画『スタートレック』で知られるザッカリー・クイント、『GIRLS/ガールズ』のアンドリュー・ラネルズらが出演している。また、この4人とクリエイターマーフィー同性愛者であることを公言している。

『真夜中のパーティー』はブロードウェイのブースシアターにて、8月12日(日)まで上演予定。(海外ドラマNAVI

【祝】メーガン・マークル結婚おめでとう!【会員になって応募しよう】『SUITS/スーツ』シーズン6 DVD-BOXが当たる!ご応募はこちらから

Photo:ジム・パーソンズ
© Warner Bros. Entertainment, Inc.