5月17日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)に、かつてテレビにも出演し、派手な見た目や豪遊ぶりを売りにしていた女医の脇坂英理子が登場。診療報酬詐欺で有罪判決を受けた事件の舞台裏をテレビ初告白した。

【写真を見る】派手な見た目にも批判が集中した脇坂英理子

「率直にお答えしようと思います。もううそつきたくないんで」という脇坂はスタジオ坂上忍と対談。反省の弁を述べる脇坂に対してスタジオからは集中砲火が浴びせられる場面も。

診療報酬を不正請求した事件で、2016年に懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けた脇坂。

2012年に自身のクリニックを開業した際に知人から紹介してもらった経営コンサルタントが不正請求をたくらみ、脇坂は悪いことだと分かっていながらもクリニックの経営のために不正に加担してしまったのだという。

スタジオに登場した脇坂は、不正請求で得たお金はホストクラブ通いに使っていないことや、派手な見た目は変わらないもののしっかりと反省していることなどを弁明した。

しかしスタジオからは本当に反省しているのかといった意見が相次いだ。

坂上は「髪の色とか(洋服の)胸の開き具合とか、すごいつけまつげしてる」と指摘し、医師免許回復後に復帰する際に「何の得にもならない」とばっさり。

ゲストの安藤和津は、反省する気持ちと見た目はそこまで関係ないと主張する脇坂の態度に対して「おばさん怒るよ!」と激怒し、「話してもきっと分かってもらえないけど…なめくさってるのよあなた。誰があなたみたいな人に診てもらいたいと思う? お客来なくて当たり前、私が親だったら泣く」と頭を抱える場面もあった。

さらに坂上からは「そんな格好した主張いらないじゃん、今後も医療に携わりたいのであれば。皆さんの血税をインチキしてホストには使ってないと、時期がずれているとか屁理屈言っているけど、金額の問題じゃないんだよ。あんたむちゃくちゃなんだよ! やってることが! 何のプライドか知らないけど、主張すればするほど説得力がなくなっちゃうんだよ」と痛烈に批判した。

番組終盤では脇坂の母からの手紙が読み上げられ、ゲスト峰竜太や安藤から親御さんのことを思ってあげなさいと語り掛けられると、脇坂の目にも涙が浮かんでいた。

次回の「直撃!シンソウ坂上」は5月24日(木)夜9時より放送予定。“詐欺被害総額27億円!?山辺節子受刑者の今”に直撃する。(ザテレビジョン

「直撃!シンソウ坂上」MCの坂上忍