スマートロックNinjaLockを開発する株式会社ライナフ(本社:東京都千代田区、代表取締役:滝沢 潔、以下 ライナフ)は、2018年5月18日シェアオフィスなどの管理に特化したクラウドサービス「スマートブッキング」をリリースします。本サービスは、2018年4月にオープンしたNTT都市開発が運営するシェアオフィスLIFORK 大手町」の基幹システムとして先行導入し、実運用を開始しています。
スマートブッキングは、シェアオフィスやコワーキングスペースサロンスクールなどの運用や管理に必要な機能を兼ね備えた会員組織向けのクラウドサービスです。Webカレンダー予約、入退室の管理、顧客管理、決済管理など、シェアオフィス管理に必要な機能をワンパッケージで提供します。

加えて、ライナフが提供するスマートロック「NinjaLock」と連動することで、常駐スタッフが鍵の受け渡しをしない運営を実現します。

NTT都市開発が提供するシェアオフィスLIFORK 大手町(https://lifork.jp/)」は、利用者ひとりひとりのワークスタイルライフスタイルの実現をサポートする、新しい形のシェアオフィスとしてサービスを提供しています。利用者それぞれの働き方にあわせた柔軟なサービスを提供する一方で、シェアオフィスで常駐するスタッフにも深夜帯勤務といった負担をなくす仕組みを取り入れるために、ライナフとともに、スマートロックを活用した「無人化」を実現するサービスの開発着手に至りました。

LIFORK大手町では、全会議室にスマートロック「NinjaLock」を設置しており、予約時刻になると発行されるバーチャルキーを用いることで、利用者の会議室使用を可能にしています。利用者自身のスマートフォンやPCから予約、会議室の自動開閉、決済までをおこなうことができ、LIFORK大手町では、深夜帯における常駐スタッフの無人化を実現しています。鍵の受け渡しや会議室の予約など、人の稼働が必要だった部分をスマートブッキングに置き換えることで、シェアオフィス運営の業務負担を削減し、省力化につなげています。

(写真:LIFORK 大手町の会議室に設置するスマートロック「Ninjalock」)

(写真:スマートブッキングPC画面イメージ

スマートブッキングリリースにあわせ、導入をご検討のお客さま向けにセミナーを開催します。
詳細は下記URLをご覧ください。

▪セミナー概要
日時:第1回目:5月30日(水)、第2回目:6月6日(水)
定員:各30名
参加費:無料
申し込みURLhttps://goo.gl/forms/uyNk7zSxgCc2VKbg2

ライナフでは、今後もご利用者さまのご要望に応え、サービスの改善を進めてまいります。
※記載されている会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

▪スマートブッキング紹介ページ
https://smart-booking.net/lp/about/


株式会社ライナフについて(https://linough.com/

「不動産に確かな価値を」を事業ビジョンに掲げ、IoTスマートロック「Ninja Lock」、「Ninja Entrance」を展開。スマートロックを活用した仲介予約サービス「スマート内覧」、貸し会議室運営サービス「スマート会議室」など、IoTを活用した不動産管理のソリューションを複数展開する。

所在地 東京都千代田区神田須田町2丁目1番1号 ザ・パークレックス 神田須田町ビル8階
創立:2014年11月4日
資本金:7億6,513万円(資本準備金含む)
従業員数:28名(2018年5月現在)

スマートブッキングに関するお問い合わせ
ライナフ セールス&マーケティング宛
info@linough.com

配信元企業:株式会社ライナ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ