100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」 を運営する CJ E&M Japan 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安相萬〔アン・サンマン〕)は、俳優 イ・ソンギュンと歌手 IU 共演ドラマ「私のおじさん(原題)」を日本初放送することを決定いたしました。

   (C)STUDIO DRAGON CORPORATION

失うものなど何もない不毛な人生を生きる女性イ・ジアン(IU)が建築会社で働く寡黙な男性パク・ドンフン(イ・ソ ンギュン)と出会い、人の温かさにふれて心が癒されていく様を描いたヒューマンストーリー。日本でもリメイクされた話 題のドラマ「シグナル」「ミセン-未生-」のキム・ウォンソク監督と、「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン) ~」のパク・ヘヨン脚本家タッグを組んだ本作は、個性的なキャラクターたちが織りなす温かい人間模様と、その役に ぴったりな俳優陣の顔ぶれが本作の大きな魅力となっています。厳しい現実に耐え、ひとり懸命に生きる女性イ・ジア ンを「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」「プロデューサー」など数々の作品に出演し、歌手活動だけでなく女 優としても精力的な活躍を見せるIUが演じます。イ・ジアンは建築会社の派遣社員として入社するも、代表理事の 命令で修繕チームの部長パク・ドンフン(イ・ソンギュン)のスパイをすることに。 パク・ドンフンを演じるのは、「パスタ~恋が出来るまで~」「コーヒープリンス1号店」の俳優イ・ソンギュン。安全第一 主義を追求する建築会社の構造技術者だった彼がイ・ジアンと出会ったことによって、人生が大きく揺らぎ始めます。 過酷な人生を歩んできた一人の女性と、人生の重さに耐えながら生きるおじさんが出会い、お互いの人生を癒やし ていくヒューマンストーリー。乞うご期待ください!

あらすじ】 建設会社の派遣社員イ・ジアン(IU)は、会社の人たちとも会話をせず孤独に働き、夜も飲食店のバイトに明け暮 れる日々を送っていた。借金取りに追われ、祖母が入る介護施設の支払いも滞っていた。困り果てたジアンは、祖 母を介護施設からこっそり連れ出すことを決める…。

一方、ジアンのいる建築会社に勤める構造技術者のパク・ドンフン(イ・ソンギュン)は、かつては設計チーム、今は修 繕チームを率いる部長として働いていた。ある時、ジアンが給湯室のインスタントコーヒーを盗んでいるのを見かけ、そ の日以降彼女の行動が気になり始める。そんな中ドンフンの元に、差出人不明の商品券が大量に送られてくる。何 かの手違いではないかと思い急いで机に入れているところをジアンに見られてしまうのであった…。

【CS放送 『Mnet』 放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報】
「私のおじさん(原題)」
7月1日(日)15:00~16:30 1話先行放送! 本放送:7月13日(金)スタート!毎週(金)(土)22:00~23:30
再放送:毎週(土)(日)6:00~7:30 ほか
☆Mnet Smartでは本放送後翌0時~7日間見逃し配信で視聴可能☆
2018 年 tvN / 全 16 話 / 各 90 分 / 字幕放送 / HD / 日本初放送
出演者:イ・ソンギュン、IU、パク・ホサン、ソン・セビョク、コ・ドゥシム、イ・ジア ほか
監督:キム・ウォンソク 脚本:パク・ヘヨン

【Mnet チャンネル情報】 http://jp.mnet.com/
韓国 100%エンターテインメントの CS 放送局です。最新 K-POP や話題の韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅、 グルメライフスタイル番組など、様々なジャンルの人気コンテンツをお届けしています。 スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
視聴方法 http://jp.mnet.com/support/tv_howTo_main.m

【Mnet Smarthttp://smart.mnet.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。 韓国で放送している Mnet Korea と日本で放送している Mnet Japanリアルタイム視聴ができるほか、Mnet Japan で放送された日本語字幕付きのバラエティ、音楽番組、 ドラマなどを数多く配信中。番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所 から、好きなだけオンライン視聴できます。 ベーシックプラン(月額:1,200 円税抜)とプレミアムプラン(月額: 2,300 円税抜)の 2 種類から、ご視聴プランを選べます。
☆Mnet Smart 公式アプリダウンロード URLhttp://smart.mnet.com/special/m/app/


配信元企業:CJ E&M Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ