当社、石原和幸デザイン研究所は2018年5月18日(金)~5月23日(水)までメットライフドームで開催されている第20回国際バラとガーデニングショウにおいてメインステージを飾るランドマークガーデン「ローズテラス」を造作・展示いたしましたのでお知らせいたします。
国際バラとガーデニングショウは世界のバラと美しいガーデニングを紹介する祭典であり、1999年より開催され、本年で20回目を数えます。来場者数は約20万人と国内最大規模を誇り、会場の構成は、その回毎のテーマにふさわしいシンボルゾーンを中心に、ガーデンデザイナーによる新たな庭造りの提案や世界のナーセリーのすばらしいバラたちのご紹介、バラの魅力に惹きつけられその世界で淡々とまたは情熱的に活動されている方々の作品やその人となりを展示展開しています。

メインステージを飾る当社のランドマークガーデンは「ローズテラス」と名付けられ、もみじなど里山で見られる植物を使用し緑の濃淡をみせています。これは石原がライフワークとする里山の創造を表現しており、中央にそびえる約8mの緑のタワーは会場のどこからでも見ることができる圧巻のデザインです。また効果的にバラを添えることで醸し出されるガーデンの美しさは会場内でも注目を集めています。

英国チェルシーフラワーショーで9個の金メダルを獲得した石原和幸が手がける圧巻のガーデンを間近でゆっくりとご鑑賞いただけます。
是非お誘いあわせの上ご来場をお待ちしております。





配信元企業:株式会社石原和幸デザイン研究所

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ