食品の輸入販売を手がけるベジタリアンブッチャージャパン東京都豊島区)は2018年6月から、大豆を主な原料としたフェイクミート(代替肉)「チキンチャンク」の販売を開始する。

「焼き目を付ければ付けるほど本物のチキンに」

肉など動物由来の食品を食べない「ベジタリアン」や「ビーガン」が欧米を中心に増える中、大豆や野菜を使った代替肉が注目を集めている。

オランダ発の「ベジタリアンブッチャー」社は2010年、世界で初めてベジタリアン向けの食肉店をオープン2018年5月時点で、世界18か国のスーパーレストランで大豆肉「ヴィーガンミート」の販売を行なっているという。

同品は、大豆たんぱく質濃縮物、塩、ヒマワリ油、香料から作られ、「焼き目を付ければ付けるほど本物のチキンに味が近づきます」(公式サイトより)。

6月からは日本での販売も決定。ベジタリアンブッチャー日本法人の公式サイトで購入を受け付ける。価格は税込518円(120グラム)から。<J-CASTトレンド>

プレスリリースより