ペルノ・リカールジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ティム・ペック)が展開するスコッチウイスキーブランドシーバスリーガル』では、日本の才能豊かなバーテンダーの方々を対象に、世界大会に向けた日本予選「ザ・シーバス マスター2018」と、国内大会「ザ・シーバス ミズナラ マスター2018」の最終選考会を開催し、各優勝者を決定いたしました。この2つのコンペティションは今年で5回目の開催となります。
また、「シーバスリーガル」では、多くの方々にカクテルを多角的に楽しんでいただこうと、「シーバス カクテル フォトコンテスト」を6月1日(金)~7月31日(火)の期間で開催します。

和田健太郎氏(左から2番目)と本庄健太氏(中央)と審査員
「ザ・シーバス マスター2018」日本予選は、和田健太郎氏(ザ・リッツカールトン東京 「ザ・バー」)が優勝しました。本年度のカクテルテーマは、“コミュニティー”。和田氏は、自身のロックバンドメンバーカクテルの材料に重ね合わせて“コミュニティー”を表現したカクテル「Forever 18」を披露し、審査員を魅了しました。この優勝により、和田氏は6月下旬にロンドンキーススコットランド)で開催される世界大会へ出場いただきます。
和田健太郎氏の優勝カクテル 「Forever 18」

国内大会「ザ・シーバス ミズナラ マスター2018」の優勝者は、本庄健太氏(レストランチェリーウィズスカイバー)が選ばれました。本大会は、名誉マスターブレンダー、コリン・スコットが日本の伝統や文化に敬意を込めて創り上げた 「シーバスリーガル ミズナラ12年」を使用し、日本のオリジナリティを活かしたカクテルを競う国内大会です。本庄氏は、和食の五味五色を表したカクテルMIZUNARA INNOVATION EXPERIENCE」を創作し、審査員の賞賛を浴びました
本庄健太氏の優勝カクテル 「MIZUNARA INNOVATION EXPERIENCE」
2つのコンペティションの模様は『シーバスリーガル』のFacebookで動画を公開しています。ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/ChivasRegalJapan/

カクテルの写真や動画をSNSに投稿して、ロンドンカクテルウィークへの旅に行こう!
シーバス カクテル フォトコンテスト」開催

シーバスリーガル」では、多くの方々にカクテルを多角的に楽しんでいただこうと、「シーバス カクテル フォトコンテスト」を6月1日(金)~7月31日(火)の期間で開催します。昨年に初開催した本コンテストは、大変多くのカクテル写真のご応募をいただきましたので、ご好評を受けて今年も開催します。「シーバスリーガル」のウイスキーで作ったカクテル写真や動画を、ハッシュタグ【#シーバスコンテスト】を付けてSNSに投稿。写真や動画のクリエイティビティと、ソーシャル上の[いいね]や[シェア]などのエンゲージメントによる総合評価により、1位から10位までを決定します。1位の方は、ロンドンカクテルウィークやストラスアイラ蒸留所などを巡るイギリス旅行にご招待。2~10位の方々にも、カクテルを楽しむ魅力的な豪華賞品をプレゼントします。ぜひ、この機会に「シーバスリーガル」のカクテルを楽しみ、素敵な写真や動画を投稿してください。
#シーバスコンテスト
■ 開催期間
2018年6月1日(金)~7月31日(火)
キャンペーンWEBサイト 
http://シーバスリーガル.jp/cocktail-competition/
※5月下旬から公開予定。
■ 応募方法
  1. シーバスリーガル」のウイスキーで作ったカクテルの写真や動画を撮影。カクテルは、自分で作ったものでも バーなどで飲んだものでもかまいません。
  2. キャンペーンWEBサイトよりコンテストに登録し、ご自分のSNSアカウントログイン
  3. ハッシュタグ【#シーバスコンテスト】を付けて、写真や動画をTwitterFacebookInstagramに投稿してください。(複数回投稿可)


<「ザ・シーバス マスター2018」日本予選 概要>
グローバルカクテルコンペティションの日本予選。優勝者は、6月下旬にロンドンキーススコットランド)で開催される世界大会に日本代表として出場いただきます。

カクテルテーマコミュニティ
ご自身のコミュニティーの中で特に影響を受けた人物からインスパイアされたカクテル1種類を、「シーバスリーガル12年」、「シーバスリーガル18年」、「シーバスリーガル ミズナラ 12年」のいずれかを使って考案。

ファイナリスト:一次選考(ビデオもしくは書類審査) によって選出された5名。
  • 佐藤麻美氏 PAVILION 中目黒(東京)
  • 福田叡氏 BAR 奥 京都
  • 三和隆介氏 Mixology Laboratory 八重洲(東京)
  • 山本奈衣斗氏 西麻布 Amber 西麻布(東京)
  • 和田健太郎氏 ザ・リッツカールトン東京 「ザ・バー」 六本木(東京)
■ 審査:実技審査によって優勝者1名を決定。実技審査は世界大会出場を踏まえた総合評価となります。
一次選考基準:テーマに基づいたストーリー性、創造性、ネーミング、外観
最終選考基準:一次選考の基準に加え、テイストスキル、全体イメージ、プレゼンテーションと「シーバスリーガル」のブラザーフッドの精神

■ 表彰・特典:「ザ・シーバス マスター2018」日本代表として優勝者1名を選出し、表彰。
6月下旬にロンドンキーススコットランド)で開催される「ザ・シーバス マスター2018」世界大会への出場権を授与。

「ザ・シーバス マスター2018」日本予選 優勝者
和田 健太郎 氏
ザ・リッツカールトン東京「ザ・バー」(東京・六本木
カクテル名]  Forever 18
[レシピ]
シーバスリーガル18年 :40ml、ベルガモットジュース:15ml、オレンジビターズ:1dst、最上白味醂 :15ml、自家製カシューナッツリキュール:20ml
カクテルコンセプト
自身のロックバンドメンバーカクテルの材料に重ね合わせ「コミュニティー」を表現したカクテル
そんなカクテルは、「人を愛し愛され続けたい」という強いRock’nRoll魂が感じられるはずです。


<国内大会「ザ・シーバス ミズナラ マスター2018」 概要>
名誉マスターブレンダー、コリン・スコットが日本の伝統や文化に敬意を込めて創り上げた 「シーバスリーガル ミズナラ 12年」を使用し、日本のオリジナリティを活かしたカクテルを競う国内コンペティションです。優勝者は、コリン・スコットを訪ねるスコットランドへの旅と、ロンドンカクテルウィークへご招待。ロンドンカクテルウィークではゲストバーテンダーを務めていただく予定です。

カクテルテーマ:「シーバスリーガル ミズナラ 12年」を使った“和”をテーマにしたカクテル
日本人の繊細な味覚に合い、「シーバスリーガル ミズナラ 12年」が持つ日本らしさやスコットランドと和の融和などを取り入れたカクテル1種類を考案。

ファイナリスト:一次選考(書類審査) によって選出された5名。
■ 審査:実技審査によって優勝者1名を決定。
一次選考基準:テーマの表現力、創造性、ネーミング、外観
最終選考基準:一次選考の基準に加えて、テイストスキル、全体イメージ、プレゼンテーション

■ 表彰・特典:「ザ・シーバス ミズナラ マスター2018」として優勝者1名を選出し、表彰。
名誉マスターブレンダー、コリン・スコットを訪ねるキーススコットランド)への旅およびロンドンカクテルウィークへご招待(10月予定) 。

国内大会「ザ・シーバス ミズナラ マスター2018」優勝者
本庄 健太 氏
レストランチェリーウィズスカイバー(東京・品川)
カクテル名] MIZUNARA INNOVATION EXPERIENCE
[レシピ]
シーバスリーガル ミズナラ 12年:45ml、自家製ソルティープラムキャンディシロップ:15ml、フレッシュレモンジュース:10ml、ミズナラスフェリキケーション:5個分(シーバスリーガルミズナラ100ml、リコリスティー80ml、マーマレード20ml、カンパリ30ml、アルギン酸ナトリウム水溶液100ml)
カクテルコンセプト
今までにない新しい素材や技法で、和食の構成である「五味五色」を表現したカクテルシーバスリーガル ミズナラ 12年に「梅風味の飴」や「ジンジャーアイレ」「スフィリフィケーション」で、甘味、酸味、苦味、辛味、塩味を3つのパートにもたせ、複雑な五味の調和を一体して味わえるカクテルに仕上げました。

シーバスリーガルについて
スコッチウイスキーシーバスリーガル」は、1801年にスコットランドで設立されたシーバスブラザーズ社のフラッグシップブランドです。世界150ヵ国以上で愛飲され、日本では「シーバスリーガル12年」、「シーバスリーガル ミズナラ 12年」、「シーバスリーガル18年」、「シーバスリーガアルティス」、「シーバスリーガル25年」、「シーバスリーガアイコン」の6アイテムを展開しています。
シーバスリーガル」のキーモルトとなる豊かでまろやかなシングルモルトは、ブランドの魂の故郷、ストラスアイラ蒸留所で造られています。この蒸留所で生まれるモルトウイスキーは、スペイサイド特有のフルーティでフローラルな香りと、樽熟成由来のナッティーでドライな味わいが特徴で、「シーバスリーガル」のリッチでまろやかな味わいに貢献しています。
※「シーバスリーガル」は、ペルノ・リカールジャパン株式会社が日本での輸入販売を行っています。

配信元企業:ペルノ・リカールジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ