小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

国会議員の素顔やリアルに迫るリレーインタビュー企画の第二弾、前回の小林史明政務官から紹介していただいたのは、同じく総務大臣政務官の小倉將信衆院議員。当選3回、日本銀行出身の36歳だ。

■初出馬に「親は泣いて止めた」

2004年に東大法学部を卒業し、日銀に入行した小倉さん。オックスフォード大学大学院に留学し、金融経済学の修士号を取得するなど、将来を嘱望されていた。

ところが、2011年自民党の候補者公募に応募し、日銀を退職してしまう。

小倉:当時、ヨーロッパへの赴任も決まっていましたし、親には泣いて止められましたね。政治家なんて親戚を見渡しても一人もいないんです。

友人は「小倉が!?」といった反応。「政治家になる人は、学生の頃から学級委員長などをやって、昔から人前で話すのが得意で…」という印象があるじゃないですか。

ところが私の場合は、部活の部長やリーダーのような経験はなく、どちらかと言うと目立ったり人前でしゃべるタイプではなかったからでしょう。

でも議員の仕事をしていると、人前で話すこととか不思議と慣れていくものですね。今では、「雰囲気が出てきた」とからかわれます(笑)

■偶然の積み重ねで政治の道に

小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

では、金融の花形たる日銀を離れてまで政治の世界に挑戦したのは、なぜだったのだろうか。

小倉:じつは、偶然が重なった結果でした。2009年に留学から帰った頃は、その前年に起きたリーマンショックの影響で、銀行の健全性をチェックする当時の仕事はかなり忙しかった。

そんな中で、「日銀にこのままい続けても、一度きりの人生を後悔せずにいられるだろうか」と自問するようになりました。海外から距離を置いて日本をみた経験も大きかったかもしれません。

たしかに安定しているし、まわりに優秀な人も多い。でも、「私がひとり抜けても変わりなく役割を果たせる組織なんだろう」とも感じました。日銀で銀行に融資するお金を日々数百億円動かしている中で世の中のために役には立っているんだろうが、もっと手触り感のある仕事がしたい。 

そんな思いをあるとき知り合いに吐露したら、「東京で自民党の候補者公募がある」と教えてくれて、日付を見たら締切が翌日だったんです。当時野党だった自民党ですが、今後候補者を公募する機会はなかなかないのではないか、と考えて、その日徹夜で論文をまとめました。

翌日は出張だったので、もし会食が1日遅かったらあのタイミング政治家になることはなかったでしょうね。

■日銀で得たものとは

小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

一晩で論文を書き上げたのは、すさまじい集中力だが、「学生時代から論文を書くのは好きだった」と語る小倉議員。

小倉:物ごとを分析して文章にまとめる技術は、日銀に入ってからも非常に鍛えていただきました。今の仕事にも活きている面があります。官僚に頼らずに一から政策文書を書ける政治家は多くないので、重宝していただいていますね。

一方で、日銀にいた期間は8年弱なので、永田町では「日銀出身で金融の専門家」とされていますが、私自身としてはおこがましいという思いもあります。一口に金融といっても、その業務は融資業務や国際金融、株や債権の売買、送金などの決済業務から金融政策まで、多岐にわたりますので。

もっとも、金融の仕組みを理解するベースができているので、Fintechやキャッシュレス決済などの新しい政策の議論をする際には役立っています。専門知識は、国会議員になってから勉強したことも多いです。

■世襲でないゆえの「強み」

小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

転職を考えていたときに、偶然も重なって政治家への道が開けた小倉議員だが、そもそも選択肢の中に政治家が入ったのは、どのような背景だったのだろうか。

小倉:「自分に多少なりとも能力があれば、それを社会に還元しなさい」というのが、父親の口癖でした。日銀でも、公のためにつくすという軸はぶれていなかったと思います。

ただし、その目的を果たす仕事として、民間のファンドマネージャーとして経済の発展に貢献するという道もあったでしょうし、もし公募を知るよりも先に転職活動を始めていたら、少なくとも政治家になるのはあの時期ではなかったはずです。

世襲ではなく、民間への転職も考えながら政治の道を選んだため、「一般の感覚を忘れたくない」という思いが強い。

小倉:政治活動でも選挙活動でも「政治家に染まらないようにしたい」というのは常々意識しています。いま世間が政治家に求めているものは、自分達と同じ感覚を持ってくれることではないでしょうか。

卑近な例ですが、街頭で聞いていない人に向かって大きな声で挨拶や演説をすることは普通の感覚ではありません。でも、日々それをやり続けていると、いつの間にかに慣れてしまいます。

しかし自分が通勤する立場だったら、果たして朝からうるさくしている人にシンパシーを感じるだろうか、と思うんです。お伝えしたいことはビラにまとめて配布するだけにとどめて、あとは「いってらっしゃい!」とご挨拶だけにしたほうがいいのではないか、と思います。

こうした選挙運動から政策、国会での立ち振る舞いまで、議員になる前の自分だったらどう感じるだろうかという感覚を忘れずにいたいです。

■政務官の仕事とは?

小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

小倉さんは、前回登場の小林議員と同じく、総務政務官として内閣のメンバーでもある。どのような役割を担っているのだろう。

小倉:私は地方行財政と消防が担当です。よく言われているように、地方自治体は税収の面では国の2/3の規模ですが、一方で自治体は医療介護や教育、街づくりからごみの収集に至るまで地域に密着したサービスを行っていますから、支出は国の1.5倍あります。

そうした中で、自治体の収支ギャップを埋めて、全国どこにいても安心して住民サービスを受けられるような財源確保を行っています。また、「地方消滅」などと言われることもありますが、人口減少や高齢化が進む地方の活性化の役割を担っています。

ただし、実際に地方に行ってみると、高齢化が進んでいても、地域の人々は昔からの知恵や地の利、集落の絆などを活かしながら、元気に豊かに生活を送っているという印象を持っています。

近年、人気が拡がっているふるさと納税も担当だが、「足による投票」のひとつとして期待を寄せる。

小倉:ふるさと納税」をやっている方も多いと思いますが、過剰な返礼品が取り上げられることもありますが、返礼品だけでなく政策で共感を得ている自治体もあります。

たとえば、東京の文京区は、「ひとり親家庭に食事を届けるサービス」を打ち出して、返礼品なしで年間8000万円を集めています。こうした政策の中身を評価するふるさと納税が増えることで、自治体が行政の質や納税者の納得感を競う時代になればと思います。

■エビデンスに基づいた政策を

小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

小倉議員が今後取り組みたいテーマについて聞いてみると、「EBPM」という耳慣れないキーワードが飛び出した。

小倉:これまで政治は、「勘と経験と思い込み」と考えられていました。しかし、財政制約が強まっていく中でより効果的な政策が求められます。そこで、政策と目標の因果関係を根拠で示しながら政策を実施する「EBPM(Evidence Based Policy Making)」を進めたいと考えています。

「本を読む子供は勉強ができる」というデータがあったとして、「本を読むから勉強ができるようになる」のか、「そもそも本を読めるくらい根気があるから勉強もできる」のか。

後者であれば、学力向上を図るために子ども達に本を読ませるという政策は決して効果的なものではありません。データはいくらでもある時代ですが、重要なのは因果関係を立証する質の高いデータなんです。

EBPMの考え方は、欧米ではかなり進んでいる国もあるという。

小倉:海外では、英国のブレア政権や米国のオバマ大統領のときに、エビデンスを評価する体制とエビデンスに基づく政策に予算を重点化する体制の整備が進められました。

日本ではまだまだですが、本来日本人はきちんと記録をとって議論する几帳面な国民性があります。たとえば、現在の統計局にあたる統計院がつくられたのは、1881年。

明治維新からわずか13年後に、大隈重信がデータに基づき政策を実施する必要性を説いたのです。明治の元勲のそうした熱意に想いを致しながら、私もEBPMをライフワークにしていきたいと考えています。

■オフの過ごし方は?

小倉將信(©ニュースサイトしらべぇ)

衆議院議員と政務官、あまりにも忙しそうな小倉議員だが、オフはどのように過ごしているか聞いてみたところ…

小倉:昨年夏からは、議員に加えて総務省の大臣政務官の仕事も加わったので、さらに忙しくなりました。ちょっとでも時間があったら体を休めたり、また勉強をしないと議論についていけないので、1週間に2、3冊くらい本を読んでいます。

空いた時間はできるかぎり、総務省の職員と食事や飲み会をするようにしています。 プライベートはほとんどありません。ただ、そうだとしてもやり甲斐がある仕事なので、むしろ今与えられている職責を全うしたいと考えています。

・合わせて読みたい→議員さん97万円って貰い過ぎではありませんか?【たかまつななのお笑いジャーナリズム論】

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

日銀出身の36歳、小倉將信衆院議員 一日遅れていたら政治家になっていなかった