JR西日本サンリオが、500系による「ハローキティ新幹線」を運行。1号車や2号車などの内装も発表しました。

新大阪~博多間を1日1往復

JR西日本サンリオ2018年5月18日(金)、山陽新幹線で、500系車両による「ハローキティ新幹線」を6月30日(土)から運行すると発表しました。

こだま730号」「こだま741号」として、新大阪~博多間を1日1往復します。時刻は次のとおり。

こだま730号
博多6時40分発→新大阪11時13分着
こだま741号
新大阪11時29分発→博多15時38分着

1号車は地域展示スペースHELLO!PLAZA」、2号車は特別内装車「KAWAII!ROOM」(自由席)、3・7・8号車は自由席、4~6号車は指定席です。

1号車「HELLO!PLAZA」では、7月から9月にかけて開催する観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン(山陰DC)」にあわせて鳥取県島根県イベントや観光スポットなどを紹介。一部日程では山陰の旅案内をする「山陰DCアンバサダー」も乗り込みます。10月ごろからは「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン・アフターキャンペーン」が開催される山口県が取り上げられます。

2号車「KAWAII!ROOM」は特別にデザインされた「ハローキティ仕様のかわいいお部屋」で、「ハローキティといっしょに旅をしているような気分」が味わえるといいます。ハローキティと一緒に記念撮影ができるフォトスポットも用意されます。

車内チャイムも「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディに変更。博多駅では新幹線の運行に先立ち、6月1日(金)に「ハローキティ新幹線カフェ(仮称)」がプレオープンする予定です。

中国ジェイアールバスも、「ハローキティ新幹線」にあわせたラッピングバスの運行を計画しています。

※本文を加筆しました(5月18日14時45分)。

「ハローキティ新幹線」1号車の2号車側(画像:JR西日本)。