ガーナ戦のメンバーを発表 クラブ事情で外れた久保は追加招集の可能性

 日本サッカー協会は18日に都内で記者会見を開き、30日の国際親善試合ガーナ戦に向けて招集メンバー27名を発表し、ロシアワールドカップ(W杯)に向けた最終候補メンバーの顔ぶれが明らかとなった。

 4月7日付でバヒド・ハリルホジッチ前監督を電撃解任し、西野朗新監督の下でロシアW杯に臨むことになった日本代表にとって、本大会初戦のコロンビア戦(6月19日)まで20日というタイミングでの“新体制初陣”となる。選考する指揮官が代わることで、今回のメンバー発表では前体制からどのくらいの選手が入れ替わるかも注目された。

 ハリルホジッチ体制の最後となった3月のベルギー遠征招集メンバーからは、8名が今回落選となった。DFでは森重真人(FC東京)、車屋紳太郎(川崎フロンターレ)、宇賀神友弥(浦和レッズ)、MF森岡亮太(アンデルレヒト)、FWは久保裕也(ヘント)、中島翔哉ポルティモネンセ)、杉本健勇(セレッソ大阪)、小林悠(川崎フロンターレ)という顔ぶれとなったが、西野監督は会見の中でこのうち3選手を招集しなかった理由について明かしている。

 一人はハリルホジッチ前体制で右サイドの主力を担った久保で、「自分のクラブで27日までプレーオフというシビアなゲームを控えている。そこに入るかどうかは今週決まるが、まずクラブの非常に大切なゲームに対して」と、クラブ事情に配慮しての招集外となったようだ。その口ぶりからはW杯予備登録メンバーに名を連ねているのは濃厚で、西野監督も「追加招集は考えている」と明言した。


中島の落選理由は「ポリバレントではなかった」

 今季のポルトガルリーグで10得点12アシストと活躍し、3月のベルギー遠征でA代表デビューを果たした中島については、「ポリバレントではなかった」と落選理由を説明。原口元気宇佐美貴史(いずれもデュッセルドルフ)、乾貴士エイバル)など多くのアタッカーが揃うなかで、それを上回る決定打がなかったと判断したようだ。

 そして小林は当初ガーナ戦の招集リストにも入っていたが、負傷により35人の予備登録メンバーからも外れたという。

 その他に日本代表の出場歴が多いGK西川周作(浦和レッズ)や度重なる負傷から復帰したMF清武弘嗣セレッソ大阪)ら実力者も落選。また、昨年12月のE-1選手権でデビューし、ジョーカーとして推す声もあったFW伊東純也(柏レイソル)の名前も呼ばれなかった。

 そして未招集組の“サプライズ枠”として、最も注目されていたのが19歳MF堂安律だろう。今季加入したオランダフローニンゲンで、リーグ戦29試合9ゴール4アシストと活躍。同クラブに所属した10代選手としては、元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(現バイエルン)らわずか3人しか成し遂げていない8ゴール以上をクリアし、クラブの今季MVPとして表彰されるなど、今まさに“旬”のアタッカーだが初招集は叶わなかった。

 会見で「バックアッパーの状況を見て、必要なら差し替えたい」としていた西野監督。ガーナ戦に向けた27名から落選した実力者たちが、大逆転でロシアW杯出場の切符をつかむことはあるのだろうか。

 主な落選者は以下のとおり。

DF
森重真人(FC東京
車屋紳太郎(川崎フロンターレ
宇賀神友弥(浦和レッズ

MF
森岡亮太(アンデルレヒト)
清武弘嗣セレッソ大阪
堂安 律(フローニンゲン

FW
久保裕也(ヘント)
中島翔哉ポルティモネンセ
杉本健勇(セレッソ大阪
小林悠(川崎フロンターレ
伊東純也(柏レイソル


Football ZONE web編集部)

今回の主な落選者となったのは、(左から)森岡亮太、堂安律、中島翔哉、清武弘嗣【写真:Getty Images】