0-7の9回に6号ソロで一矢報いる…米ファンエンゼルスは、彼に頭を下げろ!」

 米大リーグエンゼルス大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地レイズ戦に「5番・DH」で先発出場。0-7とリードされた9回に打者出場4試合ぶりとなる6号ソロを放った。MLBが動画付きで公開し、一矢報いた意地の本塁打に「オオタニ、漢だ!」「どんな状況でもビーストだ」「エンゼルスは、彼に頭を下げろ!」と米ファンは最敬礼している。

 どんな状況でも、大谷は己の役割を全うする。ひと振りで魅せたのは、9回だった。

 0-7とリードされて迎えた1死無走者の場面だ。右腕プルイットに対し、1-1からの3球目、真ん中に入ってきた速球を見逃さなかった。強振し、真芯でとらえた打球はあっという間にセンター後方へ。背走した中堅手がフェンスによじ登ったが、さらにその上を行く特大の125メートル弾となった。

 試合は敗色濃厚だったが、最後に描かれたアーチに本拠地も大盛り上がり。実況もおなじみの「オオタニサ~ン」のフレーズで興奮気味に伝えた。MLBFOXスポーツウェストなどが公式ツイッターに動画付きで速報するなど、瞬く間に打者出場4試合ぶりの一発は広まった。米ファンから興奮のツイートが相次いだ。

「『オオタニ・ストーリー』は依然としてアメージング」

「オオタニ、漢だ!」
ショウヘイはどんな状況でもビーストだ」
「オオタニはMLBで最もワクワクさせる物語を描き続けている」
エンゼルスは、彼に頭を下げろ!」
ショウヘイが一矢報いた。ファンとして、ありがとう!」
「この日、エンゼルスホームベースを踏んだのは、オオタニだけ」
「このルーキーに引っ張られているのが現実だ」
「『オオタニ・ストーリー』は依然としてアメージング」

 打線が完全に沈黙した中で打った孤軍奮闘の一撃だっただけに二刀流に最敬礼といった様子。この日は4打数1安打1打点だった大谷。チーム1-7で敗れ、3連敗となったが、背番号17の奮闘は数少ない光明となった。(THE ANSWER編集部)

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】