テレビ番組などの映像照明技師である、斗沢秀さんが小倉競馬場で見かけた顔出し看板。あまりのインパクトの強さに「すごい顔出しパネル」とそのパネルを写真でツイッターに投稿。この投稿が大きな話題となっています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 その写真とは……青空広がる牧草地帯の中で白い馬がお尻を向けており、こちら側を振り返っている姿の絵なのですが、お尻の部分に顔を出せる穴が。馬の上には青空の中白い文字で「ウマれたよ。」のひと言。そして馬の足元に書かれている「感動がウマれる場所 小倉競馬場」と。これは……(困惑)

 このインパクト大な顔出しパネル、「誰がウマい事やれと」「ここに顔を出すのは勇気がいるw」「ウマれちゃう……」「きわどい」などなど反響が続出。うん、確かにそこら辺の穴から仔馬が生まれてくるのは分かるんだけど、ね、うん……(再び困惑)

 一体この顔出しパネル、いつから設置されてどんな評判なのかちょっと気になったので小倉競馬場に取材してみました。

 担当の広報の方によると、このパネルは3年ほど前から設置されており、若い人や家族連れに好評だとか。顔を出して写真を撮り、SNSアップしている人も結構いるそうで度々話題になっているという事です。確かにこれはSNS映えを狙えるデザイン発想の勝利と言うか何と言うか。

 北九州で時間ができたらちょっと行って顔を出してみたくもある様な気もしますが、くれぐれも、顔以外の物は出さない様にお願いしますね!!

<記事化協力>
斗沢 秀さん(@tozawas)

<取材協力>
JRA 小倉競馬場

(梓川みいな)

小倉競馬場の顔出しパネルが発想の勝利?ナニかが、ウマれそう……