株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、2018年4月27日5月10日の期間で、2019年3月卒業(修了)予定の大学生大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施しました。
株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、2018年4月27日5月10日の期間で、2019年3月卒業(修了)予定の大学生大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施しました。


■調査結果概要
・内々定率「48.6%」と半数に迫る高い水準。一方入社意思の高い内々定はまだ低い水準にある。
就職活動の継続率は「87.1%」と9割に迫る。
・内々定保持者のうち、内々定獲得社数(1人あたり)は、1社が61.1%。複数内々定保持者も目立つ。
・内々定保持者のうち、就活前に内々定企業を知らなかった学生は64.9%。
・内々定先の業種は「ソフトウェア・情報処理」「通信・インターネット関連」「建設」がトップ3。

調査の詳細については、
https://service.gakujo.ne.jp/data/naiteiritsu201805
からレポートをダウンロードしてご確認ください。


学生の内々定率は「48.6%」と半数に迫る数値となりました。高い内々定率にもかかわらず、就職活動の継続率は87.1%と9割近くの学生が就職活動を続けています。より自身に合った企業を求めて就職活動を続ける学生の傾向が浮き彫りになりました。

学情では、業界最大級の合同企業セミナー「就職博」を毎月全国各地で開催しています。多くの企業と学生の橋渡しができるようサポートしています。

■調査概要■
・調査内容:就職意識調査
・調査対象:2019年3月卒業(修了)予定の大学生大学院生
・回答者数:860人 ※本調査の結果を全体で見る場合に、文理男女別の回答格差をなくす為ウエイトバックを行いました。
・調査機関:2018年4月27日5月10日
・調査方法:インターネットによるアンケート


株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業であり、法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万人以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人ターゲットとした「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]
https://company.gakujo.ne.jp

■就職博とは
日本最大級の合同企業セミナーです。知名度にとらわれず、中堅・中小・ベンチャー企業の魅力を伝える合同企業セミナーとして、学生の就職活動、企業の採用活動、両者の定番となっています。この合同企業セミナーは、1982年に当社が日本で初めて「就職博」として実施したもので、今もなお参加企業数・参加学生数ともに業界最大規模を誇っています。札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・三重・岐阜・滋賀・京都・大阪・神戸・広島・福岡の13都市で開催。全国各地で多くの企業、学生、大学から信頼され、合同企業セミナーの定番として浸透しています。
https://service.gakujo.ne.jp/newgraduate/event/shushokuhaku

配信元企業:株式会社学情

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ