ブンデス公式サイトコロンビア代表エースの今季をデータで分析

 バイエルンMFハメス・ロドリゲスは、来に控えるロシアワールドカップW杯コロンビア代表の予備登録メンバー35人に順当に名を連ねた。2017-18シーズンレアル・マドリードからバイエルンに加入し復調ぶりを見せたが、ブンデスリーガ公式サイトでは数字で今季のハメスのプレーを振り返っている。

 ハメスは昨季まで所属したレアル・マドリードではローテーション要員にとどまり、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、スペイン代表MFイスコらの後を拝した。出場機会をめて期限付き移籍したバイエルンでは、加入々に恩師のカルロ・アンチロッティ前監督が解任される事態となったが、ユップ・ハインケス監督の下でとして活躍。チームブンデスリーガ6連覇に大きく貢献した。

 W杯ではコロンビアグループHで同居するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとの連係が確立したことが大きかったが、それは各種数字を見ても明らかだ。

 今季のハメスは負傷離脱もあって23試合出場(スタメンは19試合)ながら、7ゴール11アシストの成績を残した。アシスト数でハメスを上回ったのは、同僚のMFトーマス・ミュラーの14、アウクスブルクのMFフィリップマックスの12だけである。


チームトップチャンスクリエイト

 そしてアシストだけでなく、決定機を演出するにも磨きがかかった。同サイトが算出している「チャンスクリエイト数」がその徴だ。今シーズン、ハメスが記録したチャンスクリエイト数は72。これはバイエルンチーム内最高の数字で、23試合という出場数から踏まえれば特筆すべきものだ。

 その他にもハメスはセットプレープレーキッカーを126回務め、パスの合計数も1397本、1試合60本以上の成功を誇っている。攻撃面で幅広く貢献するプレースタイル全に戻ったと言える1年を経て、ハメスはロシアの大舞台に臨む。グループリーグ初戦で戦う日本代表にとっては、やはり要注意人物と言えそうだ。


Football ZONE web編集部)

ブンデス公式サイトでは数字で今季のハメスのプレーを振り返っている【写真:Getty Images】